ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー スポール(FF/6AT)

口当たりの良さが今風 2014.03.06 試乗記 「R.S.」のツーレターは速さのしるし。野性味にあふれる、時に荒々しい悍馬(かんば)を期待するのは、昔語りなのだろうか? 新型「ルーテシア ルノースポール」で箱根を目指し、その魅力をあらためて考えた。

硬いほうがエライか?

若いうちは硬いほうがエライ、と単純に考えていた。難しいほうがエライ、とも思っていた。例えば、ゴルフクラブのシャフトもテニスのラケットもスキーの板でも、硬く薄く“スイートスポット”がごく小さいプロ用コンペティションモデルが一番格上で、一般人にはどうしたって使いにくい、そんな道具を正確にコントロールして使いこなしてこそ上級者、と訳も分からず信じ込んでいた。憧れと現実を一緒にしてしまったわけですね。ちなみにスキーはとにかく長いほうがカッコいいと信じられていた。もちろんカービングスキーが登場するずっと前の話だが、学生の頃に使っていたスキー板なんて本格的なジャイアントスラローム用で2m余りもあった。レースになんて出ていなかったくせに……。
車も同じだったはず、少なくとも私が若い頃はそうだった。あまり深く考えずについついSとかRとかのバッジに引き寄せられて、よりスポーティーでハードっぽいモデルに人気が集まったものだ。まこと若いとは愚かである。若さゆえの過ちは認めたくないものだそうだが、私は認めます。もちろん若い時から賢い人もいるが、普通は見えを張らない年齢になってようやく気づくのではないだろうか。

という今となっては恥ずかしい話を思い出したのは、4代目「ルノー・ルーテシア」の高性能バージョンである「ルノースポール(R.S.)」が発売され、しかも「シャシー スポール」と「シャシー カップ」の2種類のモデルが用意されているという話を聞いたからである。ルノースポールにシャシー スポールが加わってずいぶんと長い名前になる上に、スポーツを二枚重ねするルーテシアはよほどすごいのか、さらにシャシー カップは文字通りのワンメイクレース用カップカーか、などと想像していたのだが、実はそういうわけでもないらしい。

新型「ルーテシアR.S.」には、日常性能とスポーツ性能を両立させた「シャシー スポール」と、本格的なスポーツ走行にも対応する「シャシー カップ」が用意される。試乗車は前者。
新型「ルーテシアR.S.」には、日常性能とスポーツ性能を両立させた「シャシー スポール」と、本格的なスポーツ走行にも対応する「シャシー カップ」が用意される。試乗車は前者。
新型には「R.S.ドライブ」と呼ばれる走行モード切り替え機構が用意される。「ノーマル」「スポーツ」「レース」の3段階があり、最もハードな「レース」ではシフトスピードが0.15秒まで短縮され(ノーマル時は0.2秒)、ESCが完全に解除される。
新型には「R.S.ドライブ」と呼ばれる走行モード切り替え機構が用意される。「ノーマル」「スポーツ」「レース」の3段階があり、最もハードな「レース」ではシフトスピードが0.15秒まで短縮され(ノーマル時は0.2秒)、ESCが完全に解除される。
ノーズのエンブレム下にも、さりげなくR.S.のエンブレム。
ノーズのエンブレム下にも、さりげなくR.S.のエンブレム。
ディフューザーとスポイラーがリアビューを引き締める。車体のリア部で発生させるダウンフォースのうち、80%はディフューザーが、残りの20%はスポイラーが生み出すものという。
ディフューザーとスポイラーがリアビューを引き締める。車体のリア部で発生させるダウンフォースのうち、80%はディフューザーが、残りの20%はスポイラーが生み出すものという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る