クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー スポール(FF/6AT)

口当たりの良さが今風 2014.03.06 試乗記 「R.S.」のツーレターは速さのしるし。野性味にあふれる、時に荒々しい悍馬(かんば)を期待するのは、昔語りなのだろうか? 新型「ルーテシア ルノースポール」で箱根を目指し、その魅力をあらためて考えた。

硬いほうがエライか?

若いうちは硬いほうがエライ、と単純に考えていた。難しいほうがエライ、とも思っていた。例えば、ゴルフクラブのシャフトもテニスのラケットもスキーの板でも、硬く薄く“スイートスポット”がごく小さいプロ用コンペティションモデルが一番格上で、一般人にはどうしたって使いにくい、そんな道具を正確にコントロールして使いこなしてこそ上級者、と訳も分からず信じ込んでいた。憧れと現実を一緒にしてしまったわけですね。ちなみにスキーはとにかく長いほうがカッコいいと信じられていた。もちろんカービングスキーが登場するずっと前の話だが、学生の頃に使っていたスキー板なんて本格的なジャイアントスラローム用で2m余りもあった。レースになんて出ていなかったくせに……。
車も同じだったはず、少なくとも私が若い頃はそうだった。あまり深く考えずについついSとかRとかのバッジに引き寄せられて、よりスポーティーでハードっぽいモデルに人気が集まったものだ。まこと若いとは愚かである。若さゆえの過ちは認めたくないものだそうだが、私は認めます。もちろん若い時から賢い人もいるが、普通は見えを張らない年齢になってようやく気づくのではないだろうか。

という今となっては恥ずかしい話を思い出したのは、4代目「ルノー・ルーテシア」の高性能バージョンである「ルノースポール(R.S.)」が発売され、しかも「シャシー スポール」と「シャシー カップ」の2種類のモデルが用意されているという話を聞いたからである。ルノースポールにシャシー スポールが加わってずいぶんと長い名前になる上に、スポーツを二枚重ねするルーテシアはよほどすごいのか、さらにシャシー カップは文字通りのワンメイクレース用カップカーか、などと想像していたのだが、実はそういうわけでもないらしい。

新型「ルーテシアR.S.」には、日常性能とスポーツ性能を両立させた「シャシー スポール」と、本格的なスポーツ走行にも対応する「シャシー カップ」が用意される。試乗車は前者。
新型「ルーテシアR.S.」には、日常性能とスポーツ性能を両立させた「シャシー スポール」と、本格的なスポーツ走行にも対応する「シャシー カップ」が用意される。試乗車は前者。 拡大
新型には「R.S.ドライブ」と呼ばれる走行モード切り替え機構が用意される。「ノーマル」「スポーツ」「レース」の3段階があり、最もハードな「レース」ではシフトスピードが0.15秒まで短縮され(ノーマル時は0.2秒)、ESCが完全に解除される。
新型には「R.S.ドライブ」と呼ばれる走行モード切り替え機構が用意される。「ノーマル」「スポーツ」「レース」の3段階があり、最もハードな「レース」ではシフトスピードが0.15秒まで短縮され(ノーマル時は0.2秒)、ESCが完全に解除される。 拡大
ノーズのエンブレム下にも、さりげなくR.S.のエンブレム。
ノーズのエンブレム下にも、さりげなくR.S.のエンブレム。 拡大
ディフューザーとスポイラーがリアビューを引き締める。車体のリア部で発生させるダウンフォースのうち、80%はディフューザーが、残りの20%はスポイラーが生み出すものという。
ディフューザーとスポイラーがリアビューを引き締める。車体のリア部で発生させるダウンフォースのうち、80%はディフューザーが、残りの20%はスポイラーが生み出すものという。 拡大

意外に淡泊、だが速い

ルーテシア ルノースポールのボディーは普通のルーテシアと同じく5ドアハッチバックのみ、バンパーなどにコスメティックな違いがあるだけでサイズも事実上変わらない。この辺がブリスターフェンダーを与えられた従来のR.S.とは異なる点で、当然特別なすごみも感じられない。よりハードなセッティングというシャシー カップは標準装備のホイールが18インチとなり、車高がさらに3mm低くなるというが、3mmの違いなど見た目ではわからない。エンジンは標準型ルーテシアの1.2リッター直噴ターボに代えて、日産由来(「ジューク」などと基本的に同じ)の1.6リッター直噴4気筒ターボを搭載、200ps(147kW)/6000rpm、24.5kgm(240Nm)/1750rpmを生み出すエンジンと組み合わされるギアボックスもノーマルモデルと同じくEDC(エフィシェントデュアルクラッチ)と称する6段DCTのみとなる。価格はこのシャシー スポールが299万円、シャシー カップが10万円高の309万円である。

近ごろはやりのダウンサイジング・ターボユニットの中には、数字ほどのパワーを感じられないものもまま見受けられるのだが、実はこのR.S.のエンジンもそうだった。従来の自然吸気2リッターや「プジョー208GTi」の1.6リッターターボもピークパワーの数値は同レベルだが、それらに比べてやや淡泊というか、なぜか骨太なパワー感に欠ける印象を受けた。燃費にも配慮した最新のターボユニットはほとんどが厳格なフラットトルク型で、明確な“パワーバンド”を感じさせないものばかりだが、その中でも目立って従順なユニットといえるだろう。もちろんそれは非常に洗練され、扱いやすいということでもあるが、気になったのはトップエンドの伸びがいまひとつであることだ。オープンロードでフルスロットルを与えると、シュバーッと一気呵成(かせい)に吹け上がり、おおこれは、と体温が上がったと思ったら6000rpmそこそこでスコッとあっけなくシフトアップしてしまうのだ。そこまで鋭く痛快に吹け上がって大いに期待させておいて、一番のクライマックスでぷいとそっぽを向くような感じ。もうちょっと粘ってくれると落差を感じないですむように思う。

筋肉質でボリューム感のあるサイドビュー。
筋肉質でボリューム感のあるサイドビュー。 拡大
200psと24.5kgmを発生するM5M型1.6リッターの直噴4気筒ターボエンジン。基本は「日産ジューク」などに搭載される、日産のMR16DDT(DIGターボ)型ユニット同じ。
200psと24.5kgmを発生するM5M型1.6リッターの直噴4気筒ターボエンジン。基本は「日産ジューク」などに搭載される、日産のMR16DDT(DIGターボ)型ユニット同じ。 拡大
オレンジ色のアクセントが印象的なコックピット。シートベルト、メーターの針、各所のステッチやフィニッシャーもオレンジに。
オレンジ色のアクセントが印象的なコックピット。シートベルト、メーターの針、各所のステッチやフィニッシャーもオレンジに。 拡大
0-100km/h加速は6.7秒と、従来型の6.9秒から0.2秒短縮された。
  0-100km/h加速は6.7秒と、従来型の6.9秒から0.2秒短縮された。 拡大

もうちょっと荒々しくてもいい

この意外な頭打ち感は全体的にローギアードであるせいだろう。パワーが限られているコンパクトカーならいざ知らず、と思ったら案の定、1.2リッターターボ(120ps)のノーマル・ルーテシアとギア比もファイナルもまったく同一だった。これだけのトルクとパワーがあるのだから、もう少しギアリングが高くてもいいのではないだろうか。レースモードを選びマニュアルシフトすれば6500rpmのレッドゾーン入り口まできっちり使い切れるが、それ以外では6000rpmちょっとで早々とあっさりシフトアップ、特にその場合70km/hぐらいまでしか伸びない(6500rpmでも80km/h弱)2速はちょっと物足りない。

もちろん絶対的にはかなりの駿足だ。0-100km/h加速データは先代R.S.の6.9秒から6.7秒に向上しているし、山道だろうが高速道路だろうが実際のパワーに不足を感じることはない。それゆえあくまでフィーリングの話だが、シャシー スポールと同じ価格でエンジンも同じ1.6リッター4気筒ターボ(200ps)のプジョー208GTiは、トルクの強力さと踏めばガシッと応えるレスポンスのおかげでもっとパワフルに感じる。シャープな回転フィーリングと滑らかさではルーテシアR.S.のほうが明らかに上だが、MTの208GTiはその気で踏めばゼブラゾーンを飛び越えてリミッターが作動する6800rpmまで半ば荒々しく回り、2速も100km/h以上まで伸びるのだ。実際には速いが、あまりそれを感じられないのは車重のせいもあるかもしれない。ライバルより大柄なボディーのルーテシアの車重は1280kgと208GTi(1200kg)よりかなり重く、本来もうひとつ上のクラスである「フォルクスワーゲン・ゴルフ」並みの重量なのだ。

無論この“もう少し”という印象は、「R.S.」に対する期待値の違いによるものだろう。私のような古い人間はもっと野性味あふれる性格を期待していたために物足りなく感じるのだろうが、今時のスポーツハッチとしてはこのぐらいのすっきり味がちょうどいいのかもしれない。

スポーツシートの表皮はファブリック。オレンジステッチとR.S.ロゴがあしらわれる
スポーツシートの表皮はファブリック。オレンジステッチとR.S.ロゴがあしらわれる 拡大
前席ヘッドレストのR.S.ロゴ。
前席ヘッドレストのR.S.ロゴ。 拡大
後席にもオレンジステッチとシートベルトが備わる。乗車定員は5人。
後席にもオレンジステッチとシートベルトが備わる。乗車定員は5人。 拡大
ラゲッジスペースの様子。後席のシートバックは6:4の分割可倒式。(クリックすると後席が倒れる様子が見られます)
ラゲッジスペースの様子。後席のシートバックは6:4の分割可倒式。(クリックすると後席が倒れる様子が見られます) 拡大

これをスタンダードに

2種類のシャシーを用意するほどこだわっている足まわりだが、このシャシー スポールの乗り心地についてはまったく心配する必要はない。むしろ、非常にしなやかで洗練されているから、スパルタンなものを期待しているマニアックなドライバーはその点に気を付けたほうがいい。より強力なスプリングを持つシャシー カップにしても、これまでのR.S.に比べればずっと文化的である。

フロントサスペンションはノーマルモデルと同じマクファーソンストラットだが、R.S.ではHCC(ハイドロリック・コンプレッション・コントロール)ダンパーなるものを採用している。これはメインダンパーの中にバンプストップラバーとして働くセカンダリーダンパーを設けたものだという。もともとルノーは、構造は手堅く保守的であっても大入力で音を上げず最後までコントロールが利くタフな足まわりを特徴としていたが、フルバンプした場合の制御まできちんと手当しているコンパクトカーはなかなかお目にかかれるものではない。
実際に新型R.S.はさらりと気持ち良く、しかも速く走れる。ピリピリと神経を研ぎ澄ませて、最後にはパワーに抗し切れず外側にはらむフロントタイヤを宥(なだ)めすかす、といった従来型R.S.とはまったく別種の走りっぷりだが、しなやかにストロークする足まわりと荷重の変化を意識しながらのコーナリングには特有のやりがいと楽しさがある。ドライバーが気づかないうちに内側ホイールにブレーキをかけるというR.S.デフの効果もあり、目をつり上げることなくラインをキープできる気軽さもある。難しいほうがやりがいがあり、達成感も大きいかもしれないが、日常的な実用性と懐深いコントロール性を併せ持つこのような車を仕立てることは、硬く敏しょうなだけのスポーツハッチを造るよりずっと難しいはずだ。問題は、引き続きR.S.という名を使いながら新型のキャラクターが大きく変わったことを正しく周知できるかどうか。「ルーテシア1.6」というスタンダードモデルにしたほうがすっきり明快じゃないでしょうか。

(文=高平高輝/写真=田村 弥)

フロントサスペンションのダンパーには、「ハイドロリック・コンプレッション・コントロール(HCC)」と呼ばれる“セカンダリーダンパー”が組み込まれている。HCCはバンプストップラバーの機能を備えており、乗り心地とグリップ限界の両方向上に役立つとうたわれる。
フロントサスペンションのダンパーには、「ハイドロリック・コンプレッション・コントロール(HCC)」と呼ばれる“セカンダリーダンパー”が組み込まれている。HCCはバンプストップラバーの機能を備えており、乗り心地とグリップ限界の両方向上に役立つとうたわれる。 拡大
走行モードが選択できる「R.S.ドライブ」の操作スイッチ(銀色のスイッチ)は、シフトセレクターの手前に備わる。
走行モードが選択できる「R.S.ドライブ」の操作スイッチ(銀色のスイッチ)は、シフトセレクターの手前に備わる。 拡大
「シャシー スポール」のタイヤサイズは前後とも205/45R17。
「シャシー スポール」のタイヤサイズは前後とも205/45R17。 拡大
「シャシー スポール」用に設定されるボディーカラーは全4色で、試乗車の赤メタリックは「ルージュフラムM」と呼ばれるもの。
「シャシー スポール」用に設定されるボディーカラーは全4色で、試乗車の赤メタリックは「ルージュフラムM」と呼ばれるもの。 拡大

テスト車のデータ

ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー スポール

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4105×1750×1435mm
ホイールベース:2600mm
車重:1280kg
駆動方式:FF
エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:200ps(147kW)/6000rpm
最大トルク:24.5kgm(240Nm)/1750rpm
タイヤ:(前)205/45R17 88Y/(後)205/45R17 88Y(グッドイヤー・イーグルF1)
燃費:--km/リッター
価格:299万円/テスト車=299万円
オプション装備:なし

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:4849km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(7)/山岳路(2)
テスト距離:441.0km
使用燃料:43.2リッター
参考燃費:10.2km/リッター(満タン法)/9.8km/リッター(車載燃費計計測値)

ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー スポール
ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー スポール 拡大
 
ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー スポール(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事