MINIクーパーS(FF/6AT)/クーパー(FF/6MT)

よりスポーティーに、よりエコに 2014.02.27 試乗記 進化を続ける「MINI」。新型はよりスポーティーで快適になっただけではない。今日的要求にしたがって燃費が大幅に改善され、居住性が向上し、安全性が高まり、品質が磨かれと、全方位的な進化がうたわれる。その仕上がり具合は? カリブ海の島、プエルトリコからの第一報。

3気筒ターボが主役に

BMWプロデュースによる、いわゆる「ニューMINI」の3代目が登場した。去年秋の東京モーターショーにワールドプレミアされたのがそれで、ボディーは取りあえず最もベーシックな3ドアハッチバックのみ。初代のデビューが2001年、それが2代目の現行モデルに変わったのが2006年のことだから、7年ぶりのモデルチェンジということになる。

初代から2代目へのモデルチェンジは、ボディー/シャシーからパワートレインまですべて刷新され、メーカーにとっては生産コストの削減がもたらされたといわれたものだった。一方、ユーザーにとってはパフォーマンスや燃費の向上に加えて、ゴーカートフィーリングとうたわれる俊敏なハンドリング感覚をキープしたまま、乗り心地が著しく改善されたのが最大のメリットだった。その際、ボディーサイズも全幅は事実上変わらぬまま、全長がおよそ3.6mから3.7mに延ばされている。

では、2代目から3代目へのモデルチェンジの主眼はどこにあるのかというと、どうやらそれは環境適合性の向上にあるらしい。すなわち、燃費の向上とそれにともなうCO2排出量の削減である。それを端的に示しているのがパワーユニットの変更で、2代目では当初1.4リッターもあったものの、最終的には1.6リッターに統一された4気筒のNA(自然吸気)とターボがそのエンジンラインナップだったが、3代目ではついに3気筒ターボが登場してきた。

基本的なスタイリングやプロポーションは維持しつつ、ラジエーターグリルが六角形とされるなど、外装の細部には新しい解釈が加えられた。写真は「クーパーS」。
基本的なスタイリングやプロポーションは維持しつつ、ラジエーターグリルが六角形とされるなど、外装の細部には新しい解釈が加えられた。写真は「クーパーS」。
現時点での本国におけるバリエーションは「クーパーS」(2.0直4)、「クーパー」(1.5直3)、「ONE」(1.2直3)、「ONE D」および「クーパーD」(ともに1.5直3ディーゼル)の5種類(すべてターボ)。写真は「クーパーS」。
現時点での本国におけるバリエーションは「クーパーS」(2.0直4)、「クーパー」(1.5直3)、「ONE」(1.2直3)、「ONE D」および「クーパーD」(ともに1.5直3ディーゼル)の5種類(すべてターボ)。写真は「クーパーS」。
「ニューMINI」の外装のポイントのひとつ「サイドターンインジケーターエレメント」(サイドウインカー周辺)のデザインが改められた。
「ニューMINI」の外装のポイントのひとつ「サイドターンインジケーターエレメント」(サイドウインカー周辺)のデザインが改められた。
ボディーサイズは全長が81mm、全幅が42mm拡大され、ホイールベースが30mm延長された(日本仕様と比較した場合)。Cd値は0.28(クーパーSは0.31)。写真は「クーパー」。
ボディーサイズは全長が81mm、全幅が42mm拡大され、ホイールベースが30mm延長された(日本仕様と比較した場合)。Cd値は0.28(クーパーSは0.31)。写真は「クーパー」。
関連記事
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • フィアット500に“てんとう虫”をモチーフにした廉価な限定車が登場 2017.5.24 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
ホームへ戻る