MINIクーパーS(FF/6AT)/クーパー(FF/6MT)

よりスポーティーに、よりエコに 2014.02.27 試乗記 進化を続ける「MINI」。新型はよりスポーティーで快適になっただけではない。今日的要求にしたがって燃費が大幅に改善され、居住性が向上し、安全性が高まり、品質が磨かれと、全方位的な進化がうたわれる。その仕上がり具合は? カリブ海の島、プエルトリコからの第一報。

3気筒ターボが主役に

BMWプロデュースによる、いわゆる「ニューMINI」の3代目が登場した。去年秋の東京モーターショーにワールドプレミアされたのがそれで、ボディーは取りあえず最もベーシックな3ドアハッチバックのみ。初代のデビューが2001年、それが2代目の現行モデルに変わったのが2006年のことだから、7年ぶりのモデルチェンジということになる。

初代から2代目へのモデルチェンジは、ボディー/シャシーからパワートレインまですべて刷新され、メーカーにとっては生産コストの削減がもたらされたといわれたものだった。一方、ユーザーにとってはパフォーマンスや燃費の向上に加えて、ゴーカートフィーリングとうたわれる俊敏なハンドリング感覚をキープしたまま、乗り心地が著しく改善されたのが最大のメリットだった。その際、ボディーサイズも全幅は事実上変わらぬまま、全長がおよそ3.6mから3.7mに延ばされている。

では、2代目から3代目へのモデルチェンジの主眼はどこにあるのかというと、どうやらそれは環境適合性の向上にあるらしい。すなわち、燃費の向上とそれにともなうCO2排出量の削減である。それを端的に示しているのがパワーユニットの変更で、2代目では当初1.4リッターもあったものの、最終的には1.6リッターに統一された4気筒のNA(自然吸気)とターボがそのエンジンラインナップだったが、3代目ではついに3気筒ターボが登場してきた。

基本的なスタイリングやプロポーションは維持しつつ、ラジエーターグリルが六角形とされるなど、外装の細部には新しい解釈が加えられた。写真は「クーパーS」。
基本的なスタイリングやプロポーションは維持しつつ、ラジエーターグリルが六角形とされるなど、外装の細部には新しい解釈が加えられた。写真は「クーパーS」。
現時点での本国におけるバリエーションは「クーパーS」(2.0直4)、「クーパー」(1.5直3)、「ONE」(1.2直3)、「ONE D」および「クーパーD」(ともに1.5直3ディーゼル)の5種類(すべてターボ)。写真は「クーパーS」。
現時点での本国におけるバリエーションは「クーパーS」(2.0直4)、「クーパー」(1.5直3)、「ONE」(1.2直3)、「ONE D」および「クーパーD」(ともに1.5直3ディーゼル)の5種類(すべてターボ)。写真は「クーパーS」。
「ニューMINI」の外装のポイントのひとつ「サイドターンインジケーターエレメント」(サイドウインカー周辺)のデザインが改められた。
「ニューMINI」の外装のポイントのひとつ「サイドターンインジケーターエレメント」(サイドウインカー周辺)のデザインが改められた。
ボディーサイズは全長が81mm、全幅が42mm拡大され、ホイールベースが30mm延長された(日本仕様と比較した場合)。Cd値は0.28(クーパーSは0.31)。写真は「クーパー」。
ボディーサイズは全長が81mm、全幅が42mm拡大され、ホイールベースが30mm延長された(日本仕様と比較した場合)。Cd値は0.28(クーパーSは0.31)。写真は「クーパー」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る