マツダ・アクセラスポーツ20S ツーリング Lパッケージ(FF/6AT)/アクセラハイブリッドHYBRID-S Lパッケージ(FF/CVT)

懐の深いスポーティー 2014.03.07 試乗記 距離を乗れば見えてくることがある。箱根では“普通”と思えた「アクセラスポーツ20S ツーリング Lパッケージ」だが、伊豆半島縦断コースに連れだすと……。「アクセラハイブリッド」も併せてリポートする。

そろそろギリギリ?

昨2013年にフルモデルチェンジを果たした「マツダ・アクセラ」は、「MAZDA3」として、世界中で販売される同社の最量販モデルである。車型は、4ドアセダンの「アクセラセダン」と、「アクセラスポーツ」こと5ドアハッチの2種類。前者には、トヨタから供給されるハイブリッドシステムを搭載する「アクセラハイブリッド」もラインナップされる。

新型アクセラのホイールベースは、先代、先々代の2640mmより60mm長い2700mm。新開発のシャシーに載る上屋は、全幅こそ、セダン、ハッチバックとも30mm前後広げられ1795mmに至ったが、セダンの全長4580mm、ハッチバックの同4460mmは旧型と変わらない。

元来アクセラシリーズは、その前身たる「ファミリア」の時代から、「クリーンなデザイン」と「スポーティーな走り」をウリにしてきた。身もふたもないことを言うと、一般の消費者にとっては、「ライバルよりちょっと大きなボディーが比較的廉価で手に入る」ところに意義があった。だから、今回のモデルチェンジは画期的と言えるかもしれない。このへんが「実用車としてギリギリの大きさ」と判断されたのだろう。

エンジンは、アクセラセダンが、1.5リッター(111ps、14.7kgm)。アクセラハイブリッドは、2リッター+モーターのハイブリッドシステム。スポーティーな役割が課せられるアクセラスポーツには、1.5に加え、2リッター(155ps、20.0kgm)のガソリン、そしてマツダ自慢の2.2リッターディーゼルターボ(175ps、42.8kgm)が選択肢となる。

「アクセラ」はマツダの年間販売台数の約3割を占める基幹モデル。初代の生産開始(2003年6月)から10年7カ月後の2014年1月に累計生産400万台を達成した。マツダ車としては最短記録になるという。
「アクセラ」はマツダの年間販売台数の約3割を占める基幹モデル。初代の生産開始(2003年6月)から10年7カ月後の2014年1月に累計生産400万台を達成した。マツダ車としては最短記録になるという。
試乗したのは2リッター直4ガソリンエンジン(155ps、20.0kgm)に6ATを組み合わせたモデル。余談だが、去る1月に6MTを搭載したモデルの受注が開始された。こちらは2014年4月に発売の予定。
試乗したのは2リッター直4ガソリンエンジン(155ps、20.0kgm)に6ATを組み合わせたモデル。余談だが、去る1月に6MTを搭載したモデルの受注が開始された。こちらは2014年4月に発売の予定。
装備が充実した「20S ツーリング Lパッケージ」には、センターディスプレイとそのコントローラー「コマンダーコントロール」のほか、コンバイナー(凹面ハーフミラー)式のヘッドアップディスプレイが標準で備わる。
装備が充実した「20S ツーリング Lパッケージ」には、センターディスプレイとそのコントローラー「コマンダーコントロール」のほか、コンバイナー(凹面ハーフミラー)式のヘッドアップディスプレイが標準で備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る