新しいフロントデザインの「プジョー5008」登場

2014.02.18 自動車ニュース
「プジョー5008」
「プジョー5008」

新しいフロントデザインの「プジョー5008」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2014年2月18日、フェイスリフトを受けたミニバン「プジョー5008」を発表した。同年3月3日に発売する。

新しいフロントマスクのデザインは、エッジを際立たせたヘッドライトや、クロムで縁取られたフローティンググリルとフォグランプなどが特徴で、ヘッドランプには新たにLEDポジションランプを内蔵。グリルの上部には、新たに「PEUGEOT」のレタリングを配している。

インテリアについても、新しい柄のセンターコンソールを採用するなど、装備やデザインの一部を変更。エントリーグレードの「プレミアム」に本革ステアリングホイールやドアステップガード、運転席ランバーサポートを採用したほか、上級グレード「シエロ」のヘッドアップディスプレイをカラー表示とした。

価格はプレミアムが309万円、シエロが339万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
5008プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー5008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.19 試乗記 プジョーの多人数乗車モデル「5008」が、ミニバンから3列シートのSUVに大変身。ガソリンエンジンを搭載したエントリーグレード「アリュール」の試乗を通し、「3008」のストレッチバージョンとなった新型の出来栄えを確かめた。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.11.2 試乗記 3列7人乗りシートを備えた、プジョーの新型SUV「5008」がいよいよデビュー。京都・知恩院から東京まで約500kmのドライブを経て見えてきた、同門のコンパクト版「3008」にはない、同車ならではの魅力とは?
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)【試乗記】 2018.2.19 試乗記 レクサスのフラッグシップセダン「LS」に試乗。今回のテスト車は、助手席側後席を最上級VIP席とする“エグゼクティブ”仕様。ドイツの御三家とはひと味違う、日本流の“おもてなし”について考えた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
ホームへ戻る