第69回:三姉妹はエルドラドで未来へと向かう
『早熟のアイオワ』

2014.02.20 エッセイ

6年前のジェニファーとクロエ

この映画は、2008年の作品である。アメリカの大統領選挙で、バラク・オバマが勝利した年だ。日本では、首相が福田康夫から麻生太郎に交代している。9月にいわゆるリーマン・ショックがあり、世界的金融危機を引き起こした。東日本大震災の3年前で、中国や韓国との関係も今ほど悪化していない。ひと昔前と言ってもいいほど、現在とは世界の成り立ちが違っていたように感じられる。

そんな時代の作品が、なぜ今になって公開されるのか。理由は、キャスティングにある。主演はジェニファー・ローレンス。『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー主演女優賞を受賞し、最近では『ハンガー・ゲーム2』や『アメリカン・ハッスル』が公開されている。今やハリウッドを代表する若手俳優となったと言っていいだろう。

もう一人は、クロエ・グレース・モレッツ。『キック・アス』のヒット・ガールである。彼女も『モールス』『ヒューゴの不思議な発明』『キャリー』などで実績を積み重ねている。つまり、2人の人気女優が共演していた映画が発掘されたわけである。撮影時、ジェニファーは17歳だった。23歳となった今は妖艶(ようえん)なドレス姿を披露することもあるが、この映画ではジーンズかバスケのユニホーム姿で、バリバリのティーンエージャーである。役柄では14歳なのだ。

© The Poker House LLC 2009
© The Poker House LLC 2009

第69回:三姉妹はエルドラドで未来へと向かう『早熟のアイオワ』の画像

第69回:三姉妹はエルドラドで未来へと向かう『早熟のアイオワ』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。