「アバルト500/595」バリエーション拡大

2014.02.19 自動車ニュース
「アバルト500」
「アバルト500」

「アバルト500/595」バリエーション拡大

フィアット クライスラー ジャパンは2014年2月19日、日本市場で取り扱う「アバルト500」「アバルト595コンペティツィオーネ」のトランスミッション形式を拡充し、同年3月1日に発売すると発表した。

「アバルト595コンペティツィオーネ」
「アバルト595コンペティツィオーネ」

今回のラインナップ見直しにより、5段MT仕様のみだった「アバルト500」には、新たに5段AT仕様が登場。MT車(268万8000円)よりも15万7500円高の284万5500円で販売される。

一方、5段AT仕様に限られていた「アバルト595コンペティツィオーネ」には、5段MT仕様が追加される。こちらはAT車(339万1500円)よりも15万7500円安い、323万4000円で扱われる。

(webCG)

関連キーワード:
500595コンペティツィオーネアバルト自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(6人乗り)(FF/6AT)【試乗記】 2018.2.15 試乗記 マツダが新たに開発した3列シートのSUV「CX-8」は、ミニバンに代わる選択肢になり得るか? ドライバーとその家族の目線で試乗してみると、このクルマならではの持ち味が見えてきた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
ホームへ戻る