シトロエンは「Cライン」の最新モデルを出展【ジュネーブショー2014】

2014.02.19 自動車ニュース
「シトロエンC4カクタス」
「シトロエンC4カクタス」

【ジュネーブショー2014】シトロエンは「Cライン」の最新モデルを出展

仏シトロエンは2014年2月18日、同年3月4日に開幕するジュネーブモーターショーへの出展概要を発表した。

「C4カクタス アバンチュール」
「C4カクタス アバンチュール」
「C5クロスツアラー」
「C5クロスツアラー」
「DS 5LS」
「DS 5LS」

2014年のジュネーブショーにおいてシトロエンは、その主力レンジ「Cライン」に重点を置き、コンパクトモデル「C1」の新型と、次世代コンパクトハッチバック「C4カクタス」、さらにその派生モデルであるコンセプトカー「C4カクタス アバンチュール」を出展する予定だ。

これらに加えて、「C4ピカソ」や「グランドC4ピカソ」、ハイドラクティブIIIプラス サスペンションを搭載した「C5クロスツアラー」、2013年末に発表された“DSライン”の新型セダン「DS 5LS」なども展示される。
環境性能に優れるPuretechターボエンジン(ガソリン)やBlue HDiエンジン(ディーゼル)といった新しいパワーユニットも、見どころのひとつとなっている。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC4ピカソ エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2015.3.4 試乗記 日本車ともドイツ車とも一味違うシトロエンのミニバン「C4ピカソ」に試乗。「よくできている」というだけでは表現しきれない、独特の魅力に触れた。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る