メルセデス・ベンツS63 AMG 4MATIC ロング(4WD/7AT)

Sクラスの大本命 2014.03.17 試乗記 「AMG」のスリーレターが示すものは、速さやスポーティーさだけではない。豊富な装備を備え、過剰なまでに豪華に装った「S63 AMG」は、Sクラスのひとつの理想形と呼べるオーラと実力を備えていた。シリーズ中のベストと太鼓判を押したい一台だ。

見てよし、走ってよし

クルマ好きには“W116型”として知られる、1972年にデビューの初代「Sクラス」。昨年登場の“W222型”現行Sクラスは、その初代から数えると6代目となる。

メルセデス・ベンツを凌(しの)ぐ、さらなる高みを目指して導入された超高級車ブランド「マイバッハ」が、もくろみ通りのシナリオを演じることなく戦線離脱。その受け皿としての意味も含め、ロングボディーをさらにストレッチした“スーパーロング”仕様の新設もうわさされるなど、世界のフラッグシップモデルとしてのステータスをさらに盤石なものにしようという意図が顕著に感じられるのが、最新Sクラスのひとつの特徴と言ってもいい。

標準ボディーでも軽く5mを超える全長の中で、威風堂々としつつもある種4ドアクーペ調の流麗さをも両立させたアピアランスは、メルセデスのトップモデルとしての威厳を明確にアピールしながらも、同時にカジュアル感とスポーティーなテイストも巧みに表現する、なかなかに秀逸なもの。

アルミニウムの使用率を50%以上にまで高めつつ、「ねじり剛性はクラス最高値」と誇らしげにうたう「アルミニウム・ハイブリッド・ボディーシェル」の中に、このブランドがかねてから熱心に開発を続けてきたドライビングアシスト機能を筆頭とするさまざまなアイテムが満載されている。そんな新型Sクラスに対しては、すでに世界で「称賛の嵐」が渦巻いている。

同時に、新しいSクラスの見どころとして、ライバルに類を見ないそのインテリアの、個性的かつちょっとネオクラシック風な装いも大きいのではないかと思う。

極端なハナシ、「インテリアの仕上がりだけでも立派な購入動機となり得る」と感じられるのは、歴代モデルの中でもこれが初めてではないか? そう思えるのが、最新のSクラスだ。

「S63 AMG ロング」にはFR仕様(右ハンドルのみ)と、4WDの「4MATIC」(左ハンドルのみ)が用意される。試乗車は後者。
「S63 AMG ロング」にはFR仕様(右ハンドルのみ)と、4WDの「4MATIC」(左ハンドルのみ)が用意される。試乗車は後者。
ロングボディーのホイールベースは3165mm。ショートボディー(「S400ハイブリッド」のみに設定される)と比べて130mm長い。
ロングボディーのホイールベースは3165mm。ショートボディー(「S400ハイブリッド」のみに設定される)と比べて130mm長い。

試乗車のインテリアは、トリムカラーが「ポーセレン/ブラック」。オプションのカーボンファイバートリムと「AMGパフォーマンスステアリング」が装着され、スポーティーに彩られる(前者はセットオプション「AMGカーボンファイバーパッケージ」、後者は同「AMGダイナミックパッケージ」に含まれる)。


    試乗車のインテリアは、トリムカラーが「ポーセレン/ブラック」。オプションのカーボンファイバートリムと「AMGパフォーマンスステアリング」が装着され、スポーティーに彩られる(前者はセットオプション「AMGカーボンファイバーパッケージ」、後者は同「AMGダイナミックパッケージ」に含まれる)。
レザーのセンターアームレストにAMGのエンブレム。
レザーのセンターアームレストにAMGのエンブレム。
関連記事 ホームへ戻る