フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6AT)

やる気たっぷりの高級ゴルフ 2014.02.20 試乗記 “最強のゴルフ”とうたわれる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフR」。先代よりパワーアップし、環境性能も向上した「R」の魅力を堪能した。

音もカッコイイ“レースモード”

新型「ゴルフR」を堪能しようと思ったら、レースモードで走るに限る。車載モニターにタッチスイッチを呼び出して操作する走行モード切り替えは、7代目「ゴルフ」の新趣向だが、「R」はスポーツモードがなくなって、代わりに“レース”が新設された。画面左からコンフォート、そしてノーマルとエコの間にレースが来た。いきなりレースかよ!? と思わせるところが、新型ゴルフRの“やる気”だ。

レースモードにすると、スロットルの感度がいっそう鋭くなる。6段DSGの変速スピードやシフトマップが最もスポーティーになる。ダンピングフォースが上がって、足まわりが堅くなる。ステアリングの手応えが増す。アンチスピン機能の介入が穏やかになる。

だが、なによりも一番わかりやすいのは音である。エンジン音ががぜん、勇ましくなる。排気音もたたきつけるようなビートに変わり、試乗車は高回転まで回すとダッシュボードがビビるほどだった。レースモードだと回転合わせのブリッピングも派手になる。サウンドジェネレーターでつくられた音だから、少々わざとらしくはあるのだが、それだけに、このままレースゲームの効果音に使えそうなカッコイイ“音チューニング”である。

ひとしきりレースモードで走ってから、エコやノーマルに切り替える。途端に静かになる。それが町の真ん中であっても、たったいまスポーツ走行を終えて、サーキットのゲートから出てきたような気分になった。

ブラックを基調にシルバーのアクセントが光るインテリア。ナビやAVを集約した最新のインフォテインメントシステム「Discover Pro」が標準装備される。
ブラックを基調にシルバーのアクセントが光るインテリア。ナビやAVを集約した最新のインフォテインメントシステム「Discover Pro」が標準装備される。
第2世代のアダプティブシャシーコントロール“DCC”を搭載。ドライブモードは、「ゴルフR」専用の“レース”を含む5種類から選べる。
第2世代のアダプティブシャシーコントロール“DCC”を搭載。ドライブモードは、「ゴルフR」専用の“レース”を含む5種類から選べる。
中央にマルチインフォメーションディスプレイを装備した2眼メーター。速度計の目盛りは320km/hまで刻まれる。
中央にマルチインフォメーションディスプレイを装備した2眼メーター。速度計の目盛りは320km/hまで刻まれる。
ボディーカラーは写真の「ラピスブルーメタリック」を含む全4色を用意。
ボディーカラーは写真の「ラピスブルーメタリック」を含む全4色を用意。
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る