フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6AT)

やる気たっぷりの高級ゴルフ 2014.02.20 試乗記 “最強のゴルフ”とうたわれる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフR」。先代よりパワーアップし、環境性能も向上した「R」の魅力を堪能した。

音もカッコイイ“レースモード”

新型「ゴルフR」を堪能しようと思ったら、レースモードで走るに限る。車載モニターにタッチスイッチを呼び出して操作する走行モード切り替えは、7代目「ゴルフ」の新趣向だが、「R」はスポーツモードがなくなって、代わりに“レース”が新設された。画面左からコンフォート、そしてノーマルとエコの間にレースが来た。いきなりレースかよ!? と思わせるところが、新型ゴルフRの“やる気”だ。

レースモードにすると、スロットルの感度がいっそう鋭くなる。6段DSGの変速スピードやシフトマップが最もスポーティーになる。ダンピングフォースが上がって、足まわりが堅くなる。ステアリングの手応えが増す。アンチスピン機能の介入が穏やかになる。

だが、なによりも一番わかりやすいのは音である。エンジン音ががぜん、勇ましくなる。排気音もたたきつけるようなビートに変わり、試乗車は高回転まで回すとダッシュボードがビビるほどだった。レースモードだと回転合わせのブリッピングも派手になる。サウンドジェネレーターでつくられた音だから、少々わざとらしくはあるのだが、それだけに、このままレースゲームの効果音に使えそうなカッコイイ“音チューニング”である。

ひとしきりレースモードで走ってから、エコやノーマルに切り替える。途端に静かになる。それが町の真ん中であっても、たったいまスポーツ走行を終えて、サーキットのゲートから出てきたような気分になった。

ブラックを基調にシルバーのアクセントが光るインテリア。ナビやAVを集約した最新のインフォテインメントシステム「Discover Pro」が標準装備される。
ブラックを基調にシルバーのアクセントが光るインテリア。ナビやAVを集約した最新のインフォテインメントシステム「Discover Pro」が標準装備される。
第2世代のアダプティブシャシーコントロール“DCC”を搭載。ドライブモードは、「ゴルフR」専用の“レース”を含む5種類から選べる。
第2世代のアダプティブシャシーコントロール“DCC”を搭載。ドライブモードは、「ゴルフR」専用の“レース”を含む5種類から選べる。
中央にマルチインフォメーションディスプレイを装備した2眼メーター。速度計の目盛りは320km/hまで刻まれる。
中央にマルチインフォメーションディスプレイを装備した2眼メーター。速度計の目盛りは320km/hまで刻まれる。
ボディーカラーは写真の「ラピスブルーメタリック」を含む全4色を用意。
ボディーカラーは写真の「ラピスブルーメタリック」を含む全4色を用意。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る