クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボXC60 T5 SE(FF/8AT)

人間味が心地いい 2014.02.22 試乗記 新開発の2リッター直噴ターボエンジンと8段ATを搭載した「ボルボXC60 T5 SE」に乗って、東京から北海道までを走破。1200km超のロングドライブでわかった、最新のボルボの魅力とは?

1泊2日で東日本を縦走

吹雪でなんにも見えないのだった。ホワイトアウトとはこういう状態をいうのか。札幌から30km北上すると、天候は一変した。ブリザードOh! ブリザード! お先真っ白の世界をソロソロと、時にブレーキを踏んで止まっちゃったりしながら走り続けた。当別町の「本家なかむら」のテールラーメンはボリューム満点で、うまかった。思い起こせば、その本家なかむらを過ぎて、石狩太美駅近くの踏切を越えたあたりが一番すごかった。雪と氷でつくられた「アイスヒルズホテル in 当別」の、耳がとれるぐらい、寒いというよりは痛いオープニングセレモニーに出席した後、私たちは帰路につくべく新千歳空港を目指していた。

新エンジンを搭載した「ボルボXC60 T5 SE」で、東京からここまで、途中、函館で1泊してのロングドライブ。総走行距離1243km。初日は717km走った。ほとんどが東北自動車道で、初日は快晴だった。2日目だって、札幌に近づくまでは冬晴れで、当別町が吹雪だなんて信じられなかった。

旅のゴールである当別町は、ご覧の通りの猛吹雪。外気温計は常にマイナスを示していた。
旅のゴールである当別町は、ご覧の通りの猛吹雪。外気温計は常にマイナスを示していた。
    拡大
同じ日の函館の様子がこちら。早朝は雪が降っていたものの、赤レンガ倉庫群で撮影しているうちに天候は好転。トラブルなく当別町まで行けると思っていたものの……。
同じ日の函館の様子がこちら。早朝は雪が降っていたものの、赤レンガ倉庫群で撮影しているうちに天候は好転。トラブルなく当別町まで行けると思っていたものの……。
    拡大

ボルボXC60 T5 SE(FF/8AT)【試乗記】の画像 拡大

限界性能よりインフォメーション

旅の主役は、フェイスリフトを受けたXC60の中でも、フォード製からボルボ自製の新エンジンに載せ替えた4気筒ガソリンのT5である。北海道まで遠征するのだから、T5はてっきりAWDかと思っていたら、6気筒のT6と違って、前輪駆動のFFしかないのだった。いくらヨコハマのスタッドレスタイヤを履いているとはいえ、最低地上高がフツウのクルマより高めであるとはいえ、あるいはいかに北欧生まれであるとはいえ、クロスオーバー、つまりはオフロード風味の乗用車であるにすぎないフツウのクルマで、こんな極寒の地まで東京から走らせるなんて、なんて冒険的なメーカーなんだ、ボルボは! あえて危険地帯に踏み込む! 安全を金看板としてきたボルボだから、できるのか……。

振り返ってみれば、なんてことなかったのである。無事、私たちが生還できたのはひとえにボルボXC60 T5のおかげである。最大の美点は、クルマから発せられるインフォメーションがものすごくはっきり、くっきりしていることである、と私は思う。いま自分がどういう状況にあるのか、ということがたいへんわかりやすい。そして、その限界は、う~ううと、誤解を招きやすい表現であるけれど、はっきり申し上げれば、それほど高くないのではあるまいか。

だから、よいのである、と私は申し上げたい。限界レベルがドライバーの能力を大幅に超えていると、突然奈落の底に突き落とされる可能性がある。運動エネルギーは質量×速度の二乗に比例する。という定理を持ち出すまでもなく、これはじつは、ものすごく大事なことだ、と私は思う。

内外装のデザインについては、従来モデルから大きな変更はなし。テスト車にはシートヒーターに加え、オプションのステアリングホイールヒーターも装備されており、とても重宝した。
内外装のデザインについては、従来モデルから大きな変更はなし。テスト車にはシートヒーターに加え、オプションのステアリングホイールヒーターも装備されており、とても重宝した。
    拡大
インテリアのカラーバリエーションは、ボディーカラーに合わせて2種類を用意。写真は「ソフトベージュ」のシートに「サンドストーンベージュ」のインテリアカラーの組み合わせ。
インテリアのカラーバリエーションは、ボディーカラーに合わせて2種類を用意。写真は「ソフトベージュ」のシートに「サンドストーンベージュ」のインテリアカラーの組み合わせ。
    拡大
「T5」と「T5 SE」に新採用された「ECO+(エコプラス)モード」のスイッチ。トランスミッションやエンジンなどの制御が切り替わり、燃料の消費を抑制する。
「T5」と「T5 SE」に新採用された「ECO+(エコプラス)モード」のスイッチ。トランスミッションやエンジンなどの制御が切り替わり、燃料の消費を抑制する。
    拡大
ラゲッジルームに従来モデルから大きな変更はなし。リアシートは4:2:4の分割可倒式で、オプションの本革スポーツシートを選ばなければ、助手席のシートバックも前倒しすることができる。
ラゲッジルームに従来モデルから大きな変更はなし。リアシートは4:2:4の分割可倒式で、オプションの本革スポーツシートを選ばなければ、助手席のシートバックも前倒しすることができる。 拡大

実用型パワーユニットのかがみ

旅のスタート時に時計を巻き戻してみよう。XC60 T5 SEで東京・大手町を出発したのは、前日の朝7時だった。15時には青森のフェリー港に到着していたから、700km以上の距離を8時間で走った。限界がそれほど高くない、とは書いたけれど、低いわけではない。

2014年モデルの目玉は、前述したように、T5に自社開発した新しい4気筒が搭載されたことだ。昨年、ボルボは「Drive-E」と呼ばれる新世代の4気筒直噴エンジンを発表した。ディーゼルとガソリンの2種類があり、過給機を加えることによって、高効率化を達成しようとしている。いわゆるダウンサイジングの波に、北欧の小さなメーカーも敢然と乗り出したのである。

XC60 T5用の2リッター直4は、82.0×93.2mmという明瞭なロングストローク型で、ターボチャージャーを加えることで最高出力245ps/5500rpm、最大トルク35.7kgm/1500-4800rpmを発生する。従来のフォード製2リッターターボは、それぞれ240ps/5500rpmと32.6kgm/1800-5000rpmだから一目瞭然。アイシンAWの8段オートマチックとの組み合わせもあって、中低速ではトルク十分、高速巡航ではたいへん静か、という実務型の鑑(かがみ)に仕上がっている。

出発前、東京駅にて。
出発前、東京駅にて。
    拡大
首都高池袋線、川口線を経て東北道へ。「ECO+モード」を選択していると、高速巡航時には頻繁にコースティング(惰性)走行となった。
首都高池袋線、川口線を経て東北道へ。「ECO+モード」を選択していると、高速巡航時には頻繁にコースティング(惰性)走行となった。
    拡大
「T5」「T5 SE」では、トランスミッションに新たにアイシンAW製の8段ATが搭載される。
「T5」「T5 SE」では、トランスミッションに新たにアイシンAW製の8段ATが搭載される。
    拡大
タイヤサイズは「T5」が235/65R17、「T5 SE」と「T6 AWD」が235/60R18、「T6 AWD SE」が235/55R19。テスト車にはヨコハマのスタッドレスタイヤが装備されていた。
タイヤサイズは「T5」が235/65R17、「T5 SE」と「T6 AWD」が235/60R18、「T6 AWD SE」が235/55R19。テスト車にはヨコハマのスタッドレスタイヤが装備されていた。
    拡大

極限状況で本当に大切なこと

基本的には「S60」「V60」と同じ足まわりの乗り心地は、東京周辺のいい路面では、やや硬めながら、たいへん快適だった。ただ、東北自動車道の積雪地帯に入ると、路面からの突き上げを正直に伝える。とりわけ、岩手県の紫波サービスエリアで昼食をとってから以降、実際路面が見た目にも荒れていて、クルマが、XC60 T5 SE君が、「ここは荒れてますよ~」と教えてくれるのである。

100km/h巡航はエンジン回転数がトップで1750rpmと低めにおさえられていることもあって、わずかに風の音しかしない。仮にそれ以上の速度を出したりすると、まず、ステアリングが「スピードが出てますよ~」と警告してくれる。覚悟の上だぁ、とばかりにアクセルを踏み込む。XC60はアウトバーンをぶっ飛ばすドイツ車のようなスタビリティーでもっては応えない。

そんなところに、ホッとするのだ。

私は私の責任で加速する。ボルボ君は状況をはっきりと正直に伝えてくれる。安心感は物理的な状況、私が置かれている立場を隠蔽(いんぺい)することではなくて、オープンにすることから生まれる。そこから信頼感は立ち上がる。人間がドライブする乗り物であるクルマは、人間味がある方がステキだ。だからボルボは愛される。友だちのXC60君とだったら、また北海道まで、喜んで走っていきたい。

(文=今尾直樹/写真=森山良雄)

青森港において、これから乗船するフェリーを背景に記念撮影。
青森港において、これから乗船するフェリーを背景に記念撮影。
    拡大
函館港を臨む八幡坂を登る。早朝の函館市内は一部の路面が凍結しており、横滑り防止装置やABSが作動する場面が何度かあった。
函館港を臨む八幡坂を登る。早朝の函館市内は一部の路面が凍結しており、横滑り防止装置やABSが作動する場面が何度かあった。
    拡大
1200kmにおよぶ今回の試乗では、燃費は満タン法で10.0km/リッターとなった。
1200kmにおよぶ今回の試乗では、燃費は満タン法で10.0km/リッターとなった。 拡大

ボルボXC60 T5 SE(FF/8AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

ボルボXC60 T5 SE(FF/8AT)

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4645×1890×1715mm
ホイールベース:2775mm
車重:1770kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブターボ
トランスミッション:8段AT
エンジン最高出力:245ps(180kW)/5500rpm
エンジン最大トルク:35.7kgm(350Nm)/1500-4800rpm
タイヤ:(前)235/60R18 107Q/(後)235/60R18 107Q(ヨコハマ・ジオランダーI/T-S)
燃費:13.6km/リッター(JC08モード)
価格:559万円/テスト車=647万2000円
オプション装備:メタリックペイント<リッチジャバメタリック>(8万円)/電動ガラスサンルーフ(17万2000円)/自動防眩機能付きドアミラー(3万円)/ステアリングホイールヒーター(2万5000円)/本革スポーツシート(10万円)/ETC車載器<音声ガイダンス機能付き>(2万5000円)/セーフティーパッケージ(20万円)/レザーパッケージ(25万円)

テスト車の年式:2014年型
テスト車の走行距離:1274km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(9)/山岳路(0)
テスト距離:1243.1km
使用燃料:124.3リッター
参考燃費:10.0km/リッター(満タン法)/10.2km/リッター(車載燃費計計測値)

ボルボXC60 T5 SE
ボルボXC60 T5 SE 拡大

ボルボXC60 T5 SE(FF/8AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
XC60ボルボ試乗記

あなたにおすすめの記事