ボルボXC60 T5 SE(FF/8AT)

人間味が心地いい 2014.02.22 試乗記 新開発の2リッター直噴ターボエンジンと8段ATを搭載した「ボルボXC60 T5 SE」に乗って、東京から北海道までを走破。1200km超のロングドライブでわかった、最新のボルボの魅力とは?

1泊2日で東日本を縦走

吹雪でなんにも見えないのだった。ホワイトアウトとはこういう状態をいうのか。札幌から30km北上すると、天候は一変した。ブリザードOh! ブリザード! お先真っ白の世界をソロソロと、時にブレーキを踏んで止まっちゃったりしながら走り続けた。当別町の「本家なかむら」のテールラーメンはボリューム満点で、うまかった。思い起こせば、その本家なかむらを過ぎて、石狩太美駅近くの踏切を越えたあたりが一番すごかった。雪と氷でつくられた「アイスヒルズホテル in 当別」の、耳がとれるぐらい、寒いというよりは痛いオープニングセレモニーに出席した後、私たちは帰路につくべく新千歳空港を目指していた。

新エンジンを搭載した「ボルボXC60 T5 SE」で、東京からここまで、途中、函館で1泊してのロングドライブ。総走行距離1243km。初日は717km走った。ほとんどが東北自動車道で、初日は快晴だった。2日目だって、札幌に近づくまでは冬晴れで、当別町が吹雪だなんて信じられなかった。

旅のゴールである当別町は、ご覧の通りの猛吹雪。外気温計は常にマイナスを示していた。
旅のゴールである当別町は、ご覧の通りの猛吹雪。外気温計は常にマイナスを示していた。
同じ日の函館の様子がこちら。早朝は雪が降っていたものの、赤レンガ倉庫群で撮影しているうちに天候は好転。トラブルなく当別町まで行けると思っていたものの……。
同じ日の函館の様子がこちら。早朝は雪が降っていたものの、赤レンガ倉庫群で撮影しているうちに天候は好転。トラブルなく当別町まで行けると思っていたものの……。

ボルボXC60 T5 SE(FF/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る