フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)

“乗ればわかる” はもうやめた! 2014.02.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 

ぱっと見でカッコいい

フォードというブランドは、今の日本でどう受け止められているのだろう。米国ビッグスリーの一角であることは常識だろうし、「T型」が自動車の歴史を変えたことも知られているはずだ。モータースポーツ好きなら「GT40」が頭に浮かぶかもしれない。「マスタング」や「サンダーバード」などのパワフルなスポーツカー、あるいは「Fシリーズ」のトラックも強いイメージを持つ。要するに、一般にはアメリカンなクルマという印象なのだ。欧州フォードのモデルは、日本ではなかなか知名度が上がらない。

以前「Ka」に乗っていた時、クルマに詳しくない人に“これはフォードのクルマなんだよ”と説明して怪訝(けげん)そうにされたことが何度もある。フォードが小さなクルマを造っていることが、納得しがたいようなのだ。しかし、欧州フォードのコンパクトカーに一度でも乗れば、誰でもその魅力に気づく。「フィエスタ」が帰ってきた。まことに喜ばしい。

乗ればわかると書いたが、逆に言えば、これまでのモデルは乗らないとわからなかった。フィエスタは違う。ぱっと見でカッコいいのである。適度なカタマリ感と軽快さをあわせ持ち、切れ長な目つきがりりしい。サイドに走るエッジのきいたキャラクターライン、ボンネットをボリューミーに仕立てる立体的な造形は計算しつくされている。端正なクルマであり、いいモノ感があふれている。

台形のフロントグリルがあの高級車に似ているという声が多いが、確かに少し横に広げて扁平(へんぺい)にすればそっくりだ。昔「ホンダCR-X」に「アルファ・ロメオ」のエンブレムを付けて「ジュニアザガート」風に仕立てるのが流行したが、同じようなことをする人が現れるのだろうか。

2014年2月1日、ようやく日本でも販売が開始された新型「フィエスタ」。
2014年2月1日、ようやく日本でも販売が開始された新型「フィエスタ」。
台形モチーフのフロントグリルや隆起のあるエンジンフードが、スポーティーなスタイリングを演出する。
台形モチーフのフロントグリルや隆起のあるエンジンフードが、スポーティーなスタイリングを演出する。
足元は16インチのアルミホイールでドレスアップ。タイヤサイズは195/45R16。
足元は16インチのアルミホイールでドレスアップ。タイヤサイズは195/45R16。
日本仕様では、フロント/サイド/リアのボディーキットや大型のリアスポイラーが標準装備となる。
日本仕様では、フロント/サイド/リアのボディーキットや大型のリアスポイラーが標準装備となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィエスタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る