第2回:こだわり派のアナタにオススメ!
輸入車チョイ乗りリポート~300万円から400万円編~

2014.02.22 特集

インポートカーの購入予算も300万円台に突入すると、単に輸入車というだけではない、個性的なモデルが顔を出し始める。エンスーなアナタもきっと納得の面々がこちらの4台だ。

おしゃれして出かけたい
シトロエンDS3カブリオ スポーツシック……311万円

試乗を終えて、撮影場所である大磯ロングビーチの駐車場へと戻っていたら、車体の左側から陽光がさした。青いインパネがまぶしくない程度にきらきら光る。日のさした方に目をやると、冬の朝の青空と相模湾、まだ低い位置にある太陽が見える。視界を遮るのは空とウィンドウを仕切るルーフサイドフレームだけ。あまりの爽快感に、思わず「うおー!」と歓声を上げてしまった。ホントに。

夏の暑さに梅雨に花粉と、日本は決してオープンドライブに適した気候の国ではないけど、なるほど、年に何度あるかというこの瞬間を味わうために、世のオーナーさんはオープンカーに乗るのだな、とすごく納得。冬曙の西湘バイパス、天気は晴れ。そんなシチュエーションで「シトロエンDS3カブリオ」に試乗できたのは、本当にラッキーでハッピーだった。

撮影場所に戻り、あらためて実車を鑑賞。「ブランバンキーズ+ブルーアンフィニ」という白と紺のツートンカラーがとにかくビューティフル。このデザインと屋根が開くという2つの要素があるだけで、開口部の狭いトランクスペースだとか、運転中だと意外と起こすのがやっかいなウインドディフレクターだとか、そうした些末(さまつ)事がすべて許せてしまうから不思議だ。

今回は仕事着の黒ジャンで乗ってしまったけど、次はちゃんとおめかししてドライブを申し込みたい。

(文=webCG 堀田/写真=峰 昌宏)

「シトロエンDS3カブリオ スポーツシック」
「シトロエンDS3カブリオ スポーツシック」
 
第2回:こだわり派のアナタにオススメ!輸入車チョイ乗りリポート~300万円から400万円編~の画像
 
第2回:こだわり派のアナタにオススメ!輸入車チョイ乗りリポート~300万円から400万円編~の画像
 
第2回:こだわり派のアナタにオススメ!輸入車チョイ乗りリポート~300万円から400万円編~の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラングラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2014」の過去記事リストへ
関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る