シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)

カンフル剤となりえるか 2014.02.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。

「走りとエコ」の新パワートレイン

珍しくプジョーとシトロエンが合同でプレス試乗会を開いた。本国では工場閉鎖やリストラのニュースが続き、なかなか厳しい状況にあるPSAグループ。苦しい台所事情がこんなところにも……ではなく、2ブランドが共同で祝うべき慶事! と考えるべきでしょう。新しいパワーパックが、両社のクルマに搭載されることになった。

ニューパワートレインは、1.2リッター直列3気筒「EB2」ユニット(82ps/5750rpm、12.0kgm/2750rpm)と、2ペダル式の5段MT「ETG5」(オートマチックモード付き)の組み合わせ。このペアと「ストップ&スタートシステム」ことアイドリングストップ機構を併せ、本国フランスでは「PureTech(ピュアテック)」と総称している。「走りとエコを両立した繊細のパフォーマンス」というのが、新世代動力系のうたい文句だ。「プジョー208」「プジョー2008」そして「シトロエンC3」「シトロエンDS3」といったコンパクトモデルに搭載される。

試乗会場では、プジョー車2モデルに続いて、「C3 Exclusive(エクスクルーシブ)」と「DS3 Chic(シック)」に乗ることができた。シトロエンC3は、デビュー年こそ2009年とやや古いものの、昨2013年にフェイスリフトを果たして、イメージ一新! いまや日本におけるシトロエンの販売台数の半数を超える、屋台骨モデルである。今回のパワートレイン変更で、ますますの魅力アップ!! を図る。

「C3」のエンジンルーム。新パワートレインを搭載した「C3」は、1.6リッターから1.2リッターへと排気量を大幅にダウンサイジング。燃費が約57%アップして、19.0km/リッター(JC08モード)となった。


    「C3」のエンジンルーム。新パワートレインを搭載した「C3」は、1.6リッターから1.2リッターへと排気量を大幅にダウンサイジング。燃費が約57%アップして、19.0km/リッター(JC08モード)となった。
「C3エクスクルーシブ」のインテリア。
「C3エクスクルーシブ」のインテリア。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT) 2013.11.19 試乗記 個性的なスタイリングと活発な走りで、ユニークな存在感を放っている「シトロエンDS3」。空を味方につけて、その魅力はどう変わったのだろうか。真っ赤な「シトロエンDS3カブリオ スポーツシック」で秋の箱根を行く。
  • シトロエンDS3レーシング(FF/6MT)【試乗記】 2012.12.16 試乗記 シトロエンDS3レーシング(FF/6MT)
    ……360万円

    国内わずか35台の限定車「シトロエンDS3レーシング」に試乗。シトロエン・レーシングが手掛けたWRC連覇記念モデルの走りやいかに?
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
ホームへ戻る