日産、2014年シーズンの勝利に意欲【SUPER GT 2014】

2014.02.23 自動車ニュース
2014年シーズンのSUPER GTを戦う、GT500クラスの「GT-R」。写真はニスモの23号車。
2014年シーズンのSUPER GTを戦う、GT500クラスの「GT-R」。写真はニスモの23号車。

【SUPER GT 2014】日産、2014年シーズンの勝利に意欲

2014年2月23日、日産自動車とそのモータースポーツ活動を担うニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(以下ニスモ)は、2014年のモータースポーツ活動計画発表会を開催した。

マシンの傍らでマイクを握るのは、宮谷正一ニスモ社長。「ファンのみなさまに、モータースポーツのわくわく感を届けたいと思っています」。
マシンの傍らでマイクを握るのは、宮谷正一ニスモ社長。「ファンのみなさまに、モータースポーツのわくわく感を届けたいと思っています」。
ニスモのチーム監督を務める鈴木 豊氏(写真奥のモニター内)も登壇。マシンの基本コンポーネンツはライバルと共通であることから、「エンジンと空力が勝負を決める」などと語った。
ニスモのチーム監督を務める鈴木 豊氏(写真奥のモニター内)も登壇。マシンの基本コンポーネンツはライバルと共通であることから、「エンジンと空力が勝負を決める」などと語った。
発表会に臨む、GT500クラス4チームの監督およびドライバー。
発表会に臨む、GT500クラス4チームの監督およびドライバー。
こちらはGT300クラスにエントリーするNDDP RACING with B-MAXのマシン。
こちらはGT300クラスにエントリーするNDDP RACING with B-MAXのマシン。
4チームの総監督は、2013年と同様に柿元邦彦氏が務める。「(タイトルが取れなかった)昨シーズンのことは忘れました」としながらも、今季の必勝を誓った。
4チームの総監督は、2013年と同様に柿元邦彦氏が務める。「(タイトルが取れなかった)昨シーズンのことは忘れました」としながらも、今季の必勝を誓った。

日産、2014年シーズンの勝利に意欲【SUPER GT 2014】の画像

■“30周年の勝利”に向かって

今回の発表会は、横浜にある日産のグローバル本社ギャラリーで開催された。ただしその内容は、すでに(2月14日)プレスリリースを通じて明らかにされており、会そのものも、報道関係者だけでなく一般のファンが自由に参加できる形とされるなど、“日産関係者による決意表明会”的な意味合いが強かったように思う。

会の冒頭で登壇したニスモの宮谷正一社長は、「今年はニスモ創立30周年。記憶に残る戦績を残し、後々まで記憶される年にしたい」とあいさつ。続いて今年の活動計画の概要が発表されたのだが、それらの中では、オンデマンド型の電力駆動レーシングカー「ZEOD RC」をルマン24時間の特別参戦枠“ガレージ56”より投入することや、日産生え抜きのドライバーである千代勝正を世界でもっとも注目度の高いGT3レースである「ブランパン耐久シリーズ」に参戦させることなど、グローバルな活動が目を引いた。

いっぽうの国内では、今季もSUPER GTのGT500クラスとGT300クラスに参戦。このうちGT500クラスでは、DTMと共通の車両規則に準じた「GT-R」を新たに開発し、これを昨年と同じ計4チームに供給する。

ドライバーの顔ぶれは、まずワークスチームであるニスモが、TEAM IMPUL(以下インパル)から移籍した松田次生とチームに残留するロニー・クインタレッリのコンビ。インパルはコンドー・レーシングから移籍の安田裕信と残留するJ.P・デ・オリベイラのふたりとなり、コンドー・レーシングはチームに残留するミハエル・クルムのチームメイトとしてGT300からステップアップする佐々木大樹を起用。MOLAでは、残留する本山 哲とニスモから古巣に戻る格好となった柳田真孝がコンビを組む。

いっぽうのGT300クラスには、GT3仕様のGT-Rが5台程度参戦するもよう。このうち、日産のドライバー育成プログラムであるNDDPがエントリーする1台には、ドライバーである星野一樹選手のチームメイトとしてスペイン出身のルーカス・オルドネスを起用する。オルドネスはグランツーリスモでの速さが認められてホンモノのレーシングドライバーに転身するドライバーズ・プログラム、日産GTアカデミーの初代勝者。彼の速さがどこまでレースの実戦で通用するのか、今年はSUPER GTを通じて知ることができるようになるわけだ。

なお、2014年モデルのGT500クラス向けGT-Rについては、車両開発を担当した鈴木 豊 ニスモチーム監督が「当初はエンジンや駆動系のトラブルが発生しましたが、これらはすでに収まっています。ニューモデルは非常にいい空力性能を出しているので、今年はタイトル奪還をテーマに戦っていきます」と説明した。

さらに、コンドー・レーシングは日産自動車大学校とともにGT3仕様のGT-Rでスーパー耐久シリーズにエントリー。そしてNDDPが参戦してきた全日本F3選手権については、Nクラスと呼ばれる入門カテゴリーから今季は最高峰のCクラスにステップアップし、昨年よりエントリーしているトヨタ・トムスや無限ホンダ、戸田レーシングなどと覇を競うことになった。
ライバルメーカーとはひと味違うモータースポーツ活動に取り組む日産に、今後も注目していきたい。

(文=大谷達也<Little Wing>/写真=webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 2015ワークスチューニンググループ合同試乗会(NISMO編)【試乗記】 2015.7.28 試乗記 NISMO/無限/STI/TRDという自動車メーカー直系の4ブランドが、箱根で合同試乗会を開催。モータースポーツ活動で培ってきた各社の経験は、市販モデルの性能向上にどう生かされているのか? 今回はNISMOの3車種をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る