第227回:リフトの代わりに「ランクル プラド」でゲレンデへ
「プラドリフト」イベントリポート

2014.02.26 エディターから一言

雪上を自由自在に駆け抜ける

新幹線とバスを乗り継いで、福島県耶麻郡磐梯町の星野リゾート アルツ磐梯スキー場へとやってきた。
とはいっても、ゲレンデにスキーで華麗なラブシュプールを描きに来たわけではない。
「トヨタ・ランドクルーザー プラド」が、スキー場のリフトの代わりにスキーヤーをゲレンデに運ぶというイベント、「プラドリフト」を体験しにやって来たのだ。

このイベント、ランドクルーザー プラドの雪上走行性能を体験すべく行われるもので、アルツ磐梯を訪れたスキー・スノーボード客をプラドに乗せてゲレンデのリフト降り場付近まで送り届け、そこからスキーを楽しんでもらおうという趣向だ。
このリフト体験のほかにもうひとつ、ゲレンデに設けられたバンクやモーグル(コブ斜面)を、プロドライバーが運転するプラドの助手席で体験試乗するという「プラドパーク」というプログラムも用意されている。
一般客が参加するイベントに先駆けてプレス向けに開催された、お披露目会にやって来たというわけだ。

ランドクルーザー プラドはトヨタの本格派SUVとして、世界中で活躍している。
日本国内では頻繁に目にするクルマではないが、正統派オフローダーとして根強い人気を誇っているのはご存じの通りだろう。
ランドクルーザーシリーズは、国内モデルとしては兄貴分の「ランドクルーザー」と、これから体験試乗するランドクルーザー プラドの2本立てだが、日本では2007年にカタログ落ちしたヘビーデューティーモデル「ランドクルーザー70」も、いまだに海外では販売されている。
トヨタにとって、ランドクルーザーシリーズは世界戦略上、重要なモデルなのだ。

「トヨタ・ランドクルーザー プラド」
「トヨタ・ランドクルーザー プラド」
星野リゾート アルツ磐梯スキー場のエントランスには「ランドクルーザー プラド」が。
星野リゾート アルツ磐梯スキー場のエントランスには「ランドクルーザー プラド」が。
ゲレンデ脇に設置された「プラドパーク」。
ゲレンデ脇に設置された「プラドパーク」。
いよいよ体験試乗へ。
いよいよ体験試乗へ。
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ジープ・チェロキー」に価格を抑えた限定車 2017.5.18 自動車ニュース FCAジャパンは、「ジープ・チェロキー」の特別仕様車「リミテッドスペシャル」を、2017年5月20日に50台の台数限定で発売する。価格は467万1000円。ベースとなった「リミテッド」から、約30万円抑えた価格が最大のセリングポイントとなる。
ホームへ戻る