第227回:リフトの代わりに「ランクル プラド」でゲレンデへ
「プラドリフト」イベントリポート

2014.02.26 エディターから一言

雪上を自由自在に駆け抜ける

新幹線とバスを乗り継いで、福島県耶麻郡磐梯町の星野リゾート アルツ磐梯スキー場へとやってきた。
とはいっても、ゲレンデにスキーで華麗なラブシュプールを描きに来たわけではない。
「トヨタ・ランドクルーザー プラド」が、スキー場のリフトの代わりにスキーヤーをゲレンデに運ぶというイベント、「プラドリフト」を体験しにやって来たのだ。

このイベント、ランドクルーザー プラドの雪上走行性能を体験すべく行われるもので、アルツ磐梯を訪れたスキー・スノーボード客をプラドに乗せてゲレンデのリフト降り場付近まで送り届け、そこからスキーを楽しんでもらおうという趣向だ。
このリフト体験のほかにもうひとつ、ゲレンデに設けられたバンクやモーグル(コブ斜面)を、プロドライバーが運転するプラドの助手席で体験試乗するという「プラドパーク」というプログラムも用意されている。
一般客が参加するイベントに先駆けてプレス向けに開催された、お披露目会にやって来たというわけだ。

ランドクルーザー プラドはトヨタの本格派SUVとして、世界中で活躍している。
日本国内では頻繁に目にするクルマではないが、正統派オフローダーとして根強い人気を誇っているのはご存じの通りだろう。
ランドクルーザーシリーズは、国内モデルとしては兄貴分の「ランドクルーザー」と、これから体験試乗するランドクルーザー プラドの2本立てだが、日本では2007年にカタログ落ちしたヘビーデューティーモデル「ランドクルーザー70」も、いまだに海外では販売されている。
トヨタにとって、ランドクルーザーシリーズは世界戦略上、重要なモデルなのだ。

「トヨタ・ランドクルーザー プラド」
「トヨタ・ランドクルーザー プラド」 拡大
星野リゾート アルツ磐梯スキー場のエントランスには「ランドクルーザー プラド」が。
星野リゾート アルツ磐梯スキー場のエントランスには「ランドクルーザー プラド」が。 拡大
ゲレンデ脇に設置された「プラドパーク」。
ゲレンデ脇に設置された「プラドパーク」。 拡大
いよいよ体験試乗へ。
いよいよ体験試乗へ。 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記 トヨタの本格オフローダー「ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ。ただしその変化は、モデルライフ半ばの化粧直しだけにあらず。試乗してみると、走りにもランクルらしい改良の成果が表れていた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る