第3回:インポートカーの魅力を満喫!
輸入車チョイ乗りリポート~400万円から650万円編~

2014.02.26 JAIA輸入車試乗会2014

Dセグメントのプレミアムセダンに豪快なスペシャリティーカー、玄人好みのハイパフォーマンスモデル……。「これぞ輸入車!」という醍醐味(だいごみ)を感じさせる、4台の注目モデルを紹介しよう。

いいとこだらけ
アウディS3スポーツバック……544万円

速くて高い「A3スポーツバック」くらいに思っていた。乗るまでは。要するにA3の豪華版でしょ、と。

で、乗ってみたら感激した。そんなひとことで済ませられるようなクルマじゃなかった。スポーティーでスペシャルなA3だった。
A3の皮をかぶったスーパーマシン。ひとことで言っちゃってますけど。

280psもあるのだから、動力性能は「ランエボ」「インプレッサ」並み。ハンドリングも素晴らしい。腕に覚えがあろうとなかろうと、思った通りに、走る・曲がる・止まる。そのうえ、乗り心地まで絶品なのだ。しっとりすべすべ……じゃないけど、スムーズさが普通のA3とまったく違う。ここは、オプションで選べる連続可変ダンピングシステム「マグネティックライド」の存在が効いてるのでしょう。

ルックスはまぁ地味っちゃ地味だけど、クオリティーはまさに“アウディ”そのもの。「A6」あたりと比べても何ら遜色のない、上質な仕上がりだ。室内は黒一色なのに、アルミがいいアクセントになっていて重々しい感じがしない。
ドアの開閉音から各部の操作ロジックまで、車種を問わず見事に統一されているのにも感心する。

日本でのS3の販売比率はA3シリーズ全体の約5%だとか。限られた人のための通なモデル。

スポーツカーのようにも使え、日常での使い勝手も文句なし。
今のアウディの技術力をプロダクトとして昇華させた、万能の一台といえるんじゃないでしょうか。

(文=webCG 近藤/写真=峰 昌宏)

「アウディS3スポーツバック」
「アウディS3スポーツバック」
 
第3回:インポートカーの魅力を満喫!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から650万円編~の画像
 
第3回:インポートカーの魅力を満喫!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から650万円編~の画像
 
第3回:インポートカーの魅力を満喫!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から650万円編~の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ボルボV90クロスカントリーT6 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.2.5 試乗記 ボルボが主催した雪上試乗会に参加。「V90クロスカントリー」を駆り、信州は志賀高原でその雪上性能をチェックするとともに、先進装備をフル活用した“極楽浄土”もかくやの快適クルージングを堪能した。
  • ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.4 試乗記 デザインはもちろん、走りにおいてもライバルとは趣を異にする新型「ボルボXC60」。シャシーのチューニングから運転席まわりのインターフェイスに至るまで、すべてが丁寧に作りこまれたこのクルマの特徴をひとことで言い表すと……。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
ホームへ戻る