MINIクーパー(FF/6MT)/クーパーS(FF/6AT)

小さなMINIの、大きな進化 2014.03.04 試乗記 3代目となった新型「MINI」がいよいよ登場。一新されたプラットフォームとパワーユニットの実力に触れた。

ただ今、世界を席巻中

もはやその商圏は100カ国以上。気づけば年産30万台規模の一大ブランドと化していた――。そうMINIのことだ。もちろん背景にはこれでもかのバリエーション拡大があるだろう。オリジナルモデルには並ならぬ思い入れのある日本市場にしても、今や全数の3割以上は4ドアの「クロスオーバー」で稼いでいるのだから、本末転倒とツッコまれると、ちと苦しい状況だ。

が、先述の通りMINIの商圏は広がり、大きいことがいいこととされるアメリカや、なんなら「BMW 3シリーズ」までロングボディーにしてしまう中国でも今やMINIはプレゼンスを示し始めている。ちなみにMINIアメリカ市場での2013年の販売実績は対前年比で9%増。思えば西海岸あたりでは、確かにMINIとすれ違う機会は確実に増えている。

すなわち、この新しいMINIは世界戦略を担う中核となるモデルといっても過言ではない。が、一見するにそのアピアランスは完全にキープコンセプトだ。室内空間の若干の拡大と共に各種衝突安全要件を満たすべく、新型の寸法は全長が98mm、全幅が44mm、全高が7mm、そしてホイールベースが28mmと、それぞれ前型より拡大している。車格的には完全にBセグメントの領域だが、面で表情をスキッとみせるデザインやテールランプの大型化など、あえて小さくみせる小技を盛り込んでいる。ちなみにこの面取り効果もあってか、Cd値はベースグレードで0.28。燃費の鬼、トヨタの「アクア」と変わらない。

2001年に登場した初代「ニューMINI」から数えて3代目となる新型「MINI」。衝突安全性の向上や居住性の改善などにともない、ボディーサイズを従来モデルからひとまわり拡大している。
2001年に登場した初代「ニューMINI」から数えて3代目となる新型「MINI」。衝突安全性の向上や居住性の改善などにともない、ボディーサイズを従来モデルからひとまわり拡大している。
横基調のインパネに丸いメーター、モニター、エアコン吹き出し口を配するなど、インテリアデザインは初代、2代目と受け継がれてきたイメージを踏襲。
横基調のインパネに丸いメーター、モニター、エアコン吹き出し口を配するなど、インテリアデザインは初代、2代目と受け継がれてきたイメージを踏襲。
インテリアにおける「MINI」の特徴の一つであるトグルスイッチ。従来モデルではパワーウィンドウのスイッチもここに配されていたが、新型ではドアに移されている。
インテリアにおける「MINI」の特徴の一つであるトグルスイッチ。従来モデルではパワーウィンドウのスイッチもここに配されていたが、新型ではドアに移されている。
メーター内のマルチファンクションディスプレイには、新たに設定されたセットアップ切り替えシステム「MINIドライビング・モード」の状況も表示される。
メーター内のマルチファンクションディスプレイには、新たに設定されたセットアップ切り替えシステム「MINIドライビング・モード」の状況も表示される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る