メルセデス・ベンツGLA250 4MATIC(4WD/7AT)/GLA45 AMG エディション1(4WD/7AT)

期待の新星 2014.03.03 試乗記 メルセデス・ベンツのSUVファミリーに、ニューモデル「GLAクラス」が登場。果たして、どんなクルマに仕上がっているのか? 日本でも発売が予想される2つのモデルでチェックした。

ちょっとお手軽なSUV?

「Aクラス」のボディーを流用しながら、サスペンションの設定変更や“大径シューズ”の採用で背の高さを演出。比較的わずかなコストで新たなデザインを起こせる前後の専用バンパーなども与えて、世界的に流行の兆しが見えるコンパクトSUVのカテゴリーに参入――
昨年秋に正式発表され、ヨーロッパ市場に向けてはこの春の発売がアナウンスされている「GLAクラス」とは、いわばそんな“ちょっとお手軽なモデル”なのだろうと、当初は認識していた。

実際、国際試乗会が開催された南スペインはマラガの街で、数年前にオープンしたというしゃれた自動車博物館のエントランス前にずらり並んだテストカーたちを目の前にしても、そんな印象が変わることはなかった。
そのうえ、ホイールベースはAクラスと同一で、15cmほど全長が伸びた分は主にリアオーバーハングの延長に由来、幅も2cm程度しか増えていないと知るにつけ、前述の思いは確信へと変わっていった。

ところが、開発担当のエンジニア氏に「外観上でAクラスと異なる部分は?」と尋ねると、意外にも「ほとんど全てである」という。後で確認をとったところ、その“ほとんど全て”から除外されるのは、わずかにドアハンドルとドアミラーのケースくらいのものだった。
「ならばもっと、Aクラスとは大きく異なるイメージで訴求できるはずなのに!」という思いが個人的には残るものの、実はGLAは、意外に(?)気合の入った一作。そしてそれは、現行「Bクラス」から始まったメルセデスの新世代コンパクトカー戦略を完結させる、総仕上げとしての意味をも持つモデルなのだった。

2013年8月にその概要が発表された「GLAクラス」。翌9月のフランクフルトモーターショーで正式デビューを果たしている。
リアエンドにはアンダーガードが光る。SUVテイストを演出するディテールだ。
「GLA45 AMG エディション1」のインテリア。スポーティーな意匠のシートは、ハイパフォーマンスモデルならではのもの。
「GLAクラス」は、メルセデスの現行ラインナップの中では最小サイズとなるSUVモデル。写真手前から時計回りに、「GLAクラス」「GLKクラス」「Mクラス」「Gクラス」「GLクラス」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Aクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る