第70回:レガシィに父を乗せ、孝行息子が走る1200km
『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

2014.02.28 エッセイ

観光名所のない地味な州

雪が残る線路脇の歩道を、老人が歩いている。町のハズレまで行くと歩道もなくなり、クルマがビュンビュン飛ばしている道へと入っていく。よく見ると、高速道路だ。パトカーが止まり、徘徊(はいかい)老人を保護する。警察署に息子が引き取りに行くと、老人はネブラスカに行くのだと話す。なぜなら、100万ドルが当たったので、取りに行かなければならないから。

老人ウディを演じるのは、ブルース・ダーンである。過去の映画ではならず者として多くの人を殺してきたが、すっかりよれよれになった。カンヌでは最優秀男優賞を受賞している。
100万ドルが当たったといって送られてきた手紙は、もちろん安手の詐欺に相違ない。でも、ウディは信じている。だから、歩いてネブラスカ州のリンカーンまで行くというのだ。彼が住んでいるモンタナ州は、カナダと国境を接する北部に位置する。ネブラスカ州はアメリカのど真ん中にあり、とても歩いていくことはできない。

アメリカの州のことはよくわからないが、ネブラスカは相当地味なイメージを持たれている場所らしい。観光名所が何もないのだ。日本では静岡県静岡市と熊本県菊池郡大津町がネブラスカの町と姉妹都市になっているが、どちらもちょっとイメージが違う。都道府県魅力度ランキングで最下位となり、やけっぱちで“なめんなよ”キャンペーンを行っている茨城県が近いだろうか。いや、日本の真ん中ということだと、映画『サウダーヂ』や『もらとりあむタマ子』で荒涼とした空虚な空間として描き出された山梨県甲府市がぴったりかもしれない。

©2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
©2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

第70回:レガシィに父を乗せ、孝行息子が走る1200km『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』の画像

第70回:レガシィに父を乗せ、孝行息子が走る1200km『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。