日産ティアナXV(FF/CVT)

大人のセダンに必要なもの 2014.03.05 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。

初代は日本でも大ヒット!

「クルマにモダンリビングの考え方。」
このキャッチコピーを覚えている人も多いのではないだろうか。2003年2月に登場したアッパーミドルセダン「日産ティアナ」のものだ。CMなどの斬新な演出はもちろんだが、それまで販売していた「セフィーロ」などに代わるモデルとして、室内の広さや快適性、そしてこの頃から使われる機会が増えた“上質感”という言葉をうま~く絡めることに成功。まさに「所有する喜び」を体現させたクルマとして大ヒットしたことに今更説明は不要だろう。

少々前振りが長くなるが、やはり新型を語るには初代の“成功体験”を知っておく必要がある。この初代、クルマ自体の仕上がりの良さも評価されたが、インパクトが大きかったのは実は車両価格。というのも、販売の主力となった2.3リッターエンジンに、このクラスでは珍しいV型6気筒を採用していたのだ。1990年代にマツダや三菱が1.6~2リッタークラスのV6エンジンを採用して以来の試みとなるが、多くのメーカーがこのクラスに直4エンジンを選んでいたため、V型=高級というイメージ(それ自体はちょっと安易かもしれないが)を低価格で、しかもやや小型の排気量で味わうことができたのもヒットの一因だろう。ちなみに人気だった「230JK M-コレクション」の車両価格は発売当時で240万円(税抜き)。駆動方式の違いや同じ排気量のモデルが事実上存在しなかったことを考慮すると、一概に比較はできないが、ライバルより30万円前後安い、絶妙ともいえる値付けであった。

その初代、そして初代ほどのインパクトはなかったが、コンセプトに流行語大賞の先取り(?)ともいえる「おもてなし」を掲げた2代目のいいとこ取りをうたい、しかも今回走行性能を向上させたのが3代目となる新型とのこと。それを “額面通り”に捉えていいのだろうか。いろいろな期待と不安を持ちながら試乗することにした。

3代目となる新型「日産ティアナ」は、北米などで販売されている「アルティマ」の兄弟車にあたる。2014年1月に発売された。
3代目となる新型「日産ティアナ」は、北米などで販売されている「アルティマ」の兄弟車にあたる。2014年1月に発売された。
インテリアカラーにはブラックと、写真のシルキーベージュの2色を用意。前者にはメタル調の、後者には木目調の加飾パネルが組み合わされる。
インテリアカラーにはブラックと、写真のシルキーベージュの2色を用意。前者にはメタル調の、後者には木目調の加飾パネルが組み合わされる。
速度計とエンジン回転計の間には、扇型のマルチファンクションディスプレイを装備。燃費情報や各種安全装備の作動状況などを表示することができる。操作はステアリングスイッチで行う。
速度計とエンジン回転計の間には、扇型のマルチファンクションディスプレイを装備。燃費情報や各種安全装備の作動状況などを表示することができる。操作はステアリングスイッチで行う。
初代から受け継がれてきた「ティアナ」の目玉装備の一つである助手席パワーオットマン。新型では「XV」「XL」の2グレードに装備される。
初代から受け継がれてきた「ティアナ」の目玉装備の一つである助手席パワーオットマン。新型では「XV」「XL」の2グレードに装備される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティアナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ティアナ(後編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • 日産ティアナにカーナビ標準装備の新グレード 2016.4.4 自動車ニュース 日産の4ドアセダン「ティアナ」に、純正カーナビゲーションシステムを標準装備した新グレード「XVナビAVMパッケージ」「XLナビAVMパッケージ」が登場した。これにともない、ナビ非装着の上級グレード「XV」は廃止となった。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る