「水野和敏的視点」 vol.38 「ポルシェ・ケイマン」&「ポルシェ・パナメーラ」

2014.02.28 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.38 「ポルシェ・ケイマン」&「ポルシェ・パナメーラ」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は2台のポルシェ、「ケイマン」と「パナメーラ」。どちらも標準仕様である。日頃あまり話題にこそ上らないが、その素性を探るには一番都合がいいスタンダードでベーシックな仕様に試乗し、ポルシェのクルマづくりの基本に迫ってみた。


「水野和敏的視点」 vol.38 「ポルシェ・ケイマン」&「ポルシェ・パナメーラ」の画像 拡大
ポルシェ・ケイマン
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1800×1295mm/ホイールベース:2475mm/車重:1390kg/駆動方式:MR/エンジン:2.7リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:275ps/7400rpm/最大トルク:29.6kgm/4500-6500rpm/タイヤ:(前)235/45ZR18 (後)265/45ZR18/価格:659万円
ポルシェ・ケイマン
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1800×1295mm/ホイールベース:2475mm/車重:1390kg/駆動方式:MR/エンジン:2.7リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:275ps/7400rpm/最大トルク:29.6kgm/4500-6500rpm/タイヤ:(前)235/45ZR18 (後)265/45ZR18/価格:659万円 拡大
ポルシェ・パナメーラ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5015×1930×1420mm/ホイールベース:2920mm/車重:1810kg/駆動方式:FR/エンジン:3.6リッターV6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:310ps/6200rpm/最大トルク:40.8kgm/3750rpm/タイヤ:(前)245/50ZR18 (後)275/45ZR18/価格:994万円
ポルシェ・パナメーラ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5015×1930×1420mm/ホイールベース:2920mm/車重:1810kg/駆動方式:FR/エンジン:3.6リッターV6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:310ps/6200rpm/最大トルク:40.8kgm/3750rpm/タイヤ:(前)245/50ZR18 (後)275/45ZR18/価格:994万円 拡大
■ 拡大

■扱いやすさを重視、顧客層の拡大を狙う――ケイマン

今回は、2台のポルシェに試乗します。最もスポーティーなミドシップ2シーター「ケイマン」と、ラグジュアリーな4ドアセダン「パナメーラ」を取り上げました。まずはケイマンから見ていきましょう。

2012年に2代目に進化したケイマンには、2.7リッター(275ps、29.6kgm)と3.4リッター(325ps、37.7kgm)、2種類の水平対向6気筒エンジンが用意されます。テストしたのは前者。PDKことデュアルクラッチ式の7段ATを備えた車両で、車両本体価格は659万円です。

運転席に着いてまず感じたのは、もう少し太くてグリップの柔らかいステアリングホイールのほうがスポーツカーとして扱いやすいし、“らしい”のではないかということ。ハイパフォーマンスカーには、しっかり手のひらを押しつけられるステアリングホイールの方が合っています。なぜなら、手で握らず、手のひらを押し付ける「押し手」の操作ができるからです。実際にケイマンに付いているステアリングは、まるで普通の実用セダンのようなスペックです。

続いて、ケイマンを動かしたとたん、「オレって、こんなに運転が下手だったっけ?」と、ドキッとしてしまいました。微速域では、ステアリング操作に対する反応が、ひどく鈍い。ステアリングを切ってからしばらく待つ、という感じなのです。
「だけど、ちっと待ってよ……。あまり運転に自信のない人が、特に『スポーツカーに乗る』という意識を持たず、気軽に乗ろうとしたら……。これくらい乗用車的に乗れる方が、親しみやすいのかな……」と、このセッティングの狙いがだんだんわかってきました。

つまり、ステアリングホイールの乗用車的な仕様と、その穏やかな応答性、そして後述しますがエンジンの特性などに、それ相応の販売台数をほこるメーカーとしての秘訣(ひけつ)が見え隠れしています。すなわち、日常域で親しみやすく、エントリーユーザーまでもが考慮されたクルマづくりが透けて見える気がするのです。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
パナメーラケイマンポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.8.22 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のトップグレード「ターボS E-ハイブリッド」に試乗。プラグインハイブリッドシステムは燃費性能のみならず、サルーンとしての快適性やポルシェ車としてのスポーツ性能も大きく進化させていた。カナダ・バンクーバー島からのリポート。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
ホームへ戻る