「水野和敏的視点」 vol.38 「ポルシェ・ケイマン」&「ポルシェ・パナメーラ」

2014.02.28 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.38 「ポルシェ・ケイマン」&「ポルシェ・パナメーラ」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は2台のポルシェ、「ケイマン」と「パナメーラ」。どちらも標準仕様である。日頃あまり話題にこそ上らないが、その素性を探るには一番都合がいいスタンダードでベーシックな仕様に試乗し、ポルシェのクルマづくりの基本に迫ってみた。


「水野和敏的視点」 vol.38 「ポルシェ・ケイマン」&「ポルシェ・パナメーラ」の画像
ポルシェ・ケイマン
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1800×1295mm/ホイールベース:2475mm/車重:1390kg/駆動方式:MR/エンジン:2.7リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:275ps/7400rpm/最大トルク:29.6kgm/4500-6500rpm/タイヤ:(前)235/45ZR18 (後)265/45ZR18/価格:659万円
ポルシェ・ケイマン
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1800×1295mm/ホイールベース:2475mm/車重:1390kg/駆動方式:MR/エンジン:2.7リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:275ps/7400rpm/最大トルク:29.6kgm/4500-6500rpm/タイヤ:(前)235/45ZR18 (後)265/45ZR18/価格:659万円
ポルシェ・パナメーラ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5015×1930×1420mm/ホイールベース:2920mm/車重:1810kg/駆動方式:FR/エンジン:3.6リッターV6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:310ps/6200rpm/最大トルク:40.8kgm/3750rpm/タイヤ:(前)245/50ZR18 (後)275/45ZR18/価格:994万円
ポルシェ・パナメーラ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5015×1930×1420mm/ホイールベース:2920mm/車重:1810kg/駆動方式:FR/エンジン:3.6リッターV6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:310ps/6200rpm/最大トルク:40.8kgm/3750rpm/タイヤ:(前)245/50ZR18 (後)275/45ZR18/価格:994万円
■

■扱いやすさを重視、顧客層の拡大を狙う――ケイマン

今回は、2台のポルシェに試乗します。最もスポーティーなミドシップ2シーター「ケイマン」と、ラグジュアリーな4ドアセダン「パナメーラ」を取り上げました。まずはケイマンから見ていきましょう。

2012年に2代目に進化したケイマンには、2.7リッター(275ps、29.6kgm)と3.4リッター(325ps、37.7kgm)、2種類の水平対向6気筒エンジンが用意されます。テストしたのは前者。PDKことデュアルクラッチ式の7段ATを備えた車両で、車両本体価格は659万円です。

運転席に着いてまず感じたのは、もう少し太くてグリップの柔らかいステアリングホイールのほうがスポーツカーとして扱いやすいし、“らしい”のではないかということ。ハイパフォーマンスカーには、しっかり手のひらを押しつけられるステアリングホイールの方が合っています。なぜなら、手で握らず、手のひらを押し付ける「押し手」の操作ができるからです。実際にケイマンに付いているステアリングは、まるで普通の実用セダンのようなスペックです。

続いて、ケイマンを動かしたとたん、「オレって、こんなに運転が下手だったっけ?」と、ドキッとしてしまいました。微速域では、ステアリング操作に対する反応が、ひどく鈍い。ステアリングを切ってからしばらく待つ、という感じなのです。
「だけど、ちっと待ってよ……。あまり運転に自信のない人が、特に『スポーツカーに乗る』という意識を持たず、気軽に乗ろうとしたら……。これくらい乗用車的に乗れる方が、親しみやすいのかな……」と、このセッティングの狙いがだんだんわかってきました。

つまり、ステアリングホイールの乗用車的な仕様と、その穏やかな応答性、そして後述しますがエンジンの特性などに、それ相応の販売台数をほこるメーカーとしての秘訣(ひけつ)が見え隠れしています。すなわち、日常域で親しみやすく、エントリーユーザーまでもが考慮されたクルマづくりが透けて見える気がするのです。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ【海外試乗記】 2017.8.12 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」から派生したワゴンタイプの新型車「パナメーラ スポーツツーリスモ」にカナダで試乗。既存のパナメーラとの違いを含め、その走りや使い勝手を報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る