第228回:ハイブリッド車のオフセット前面衝突試験
自動車アセスメント公開試験リポート

2014.03.05 エッセイ

独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)は2014年2月20日、ハイブリッド自動車のオフセット前面衝突試験と衝突後の感電保護性能評価試験、被害者救出訓練を報道陣ほかに公開した。その様子をリポートしよう。

衝突試験場の様子。高速度撮影のため、映画の撮影セットのように明るい。
スタート地点で準備を進める試験車の様子が、モニターに映し出されている。
衝突直後の試験車。

試験後の室内は、エアバッグが開いているものの、目立ったダメージは見受けられなかった。

64km/hでバリアーに衝突

公開試験が行われたのは、茨城県つくば市の日本自動車研究所(JARI)。今回の公開試験には、われわれメディアに加え、初めての試みとして東京モーターショーの会場でアンケートに答えた一般ユーザーも招かれた。
衝突試験は、JARIの衝突試験専用の施設で行われる。巨大な体育館のようでもあり、倉庫のようでもある試験場は、高速度撮影に必要な光量を確保するためにたくさんの照明がともされていて、屋外よりも明るいように感じられる。さらに、正確な試験データを得るために、室温も季節にかかわらず25度に設定されているとのこと。この日のつくば市は北風が冷たかったのでありがたかった。

衝突試験の対象となるのは「ホンダ・アコード ハイブリッドLX」。もちろんピカピカの新車だ。
このアコードは、試験に際してメーカーによる特別な対策が講じられないよう、NASVA職員が納車の直前まで身分を隠して購入したものだ。つまり、正真正銘の市販車である。

衝突試験の開始を伝えるアラームが鳴り、カウントダウンの後、ガラガラガラと駆動装置が試験車両を加速させる音が響く。数秒後、目の前にアコードが現れたかと思った瞬間、バリアーに衝突した。
衝突時の速度は64km/h、オフセット衝突のオーバーラップは40%。
ズシンと空気が震えるのと同時に、フロント部分の樹脂パーツが周囲に飛び散る。衝突直後は、試験会場がしんと静まりかえったように感じたが、衝突音の大きさのせいだろう。

衝突試験なのだから、クルマがバリアーに衝突するのはわかっていたはずなのに、やはり目の前でクルマがぶつかるというのは、気持ちいいものではない。けれども、衝撃の激しさの割には、クルマのダメージは予想よりもずっと少ない。現代のクルマの安全性をこの目で感じると同時に、やはり交通事故は起こしたくない、巻き込まれたくないものだと感じた。

衝突後は、ハイブリッド車特有の問題である高電圧バッテリーへのダメージについて、評価が行われた。
高電圧バッテリーの固定状況や、電解液が漏れていないか、高電圧自動遮断装置の動作状況などが確認された。
今回の試験結果はデータ解析の後、自動車アセスメント結果発表会において公表される予定だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ