「マクラーレン650S」の最高速は333km/h【ジュネーブショー2014】

2014.03.03 自動車ニュース
「マクラーレン650Sクーペ」
「マクラーレン650Sクーペ」

【ジュネーブショー2014】「マクラーレン650S」の最高速は333km/h

英マクラーレンは、ジュネーブショーで公開する新型スポーツカー「650S」の動力性能データを明らかにした。650psを発生する3.8リッターV8ターボエンジンを搭載し、0-400m加速は10.5秒で最高速は333km/hに達するという。

650psの3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載する。
650psの3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載する。
内装にはアルカンターラが採用される。
内装にはアルカンターラが採用される。

■「12C」をしのぐ加速性能

650Sの動力性能は、発進加速が0-100km/h:3.0秒、0-200km/h:8.4秒、0-300km/h:25.4秒、0-400m:10.5秒(到達速度224km/h)で、最高速が333km/hというもの(650Sクーペの数値。ただし、最高速のみ「650Sスパイダー」のもの)。
同社が23年前に発表したロードモデル「F1」と比較すると、0-200km/hで1秒、0-400mで0.6秒短縮されている。また、現在販売中の「12C」と比べても、0-200km/hは0.5秒以上速い数値となっているという。

このように卓越した動力性能を誇る一方で、スーパースポーツカーとしては環境性能にも優れるのが自慢。燃費は24.2mpg(約8.5km/リッター。EU基準の複合サイクル)で二酸化炭素の排出量は275g/kmと、12Cと同等に抑えられている。

650Sクーペの主要諸元は以下のとおり。

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4512×2093×1199mm/ホイールベース:2670mm/車重:1330kg/駆動方式:MR/エンジン:3.8リッターV8ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:650ps/7250rpm/最大トルク:69.1kgm(678Nm)/6000rpm/タイヤ:(前)235/35R19、(後)305/30R20/制動距離:100-0km/h:30.5m、200-0km/h:123.1m、300-0km/h:271.0m。

英国での価格は650Sクーペが19万5250ポンド(約3390万円)、650Sスパイダーが21万5250ポンド(約3737万円)と発表されている(1ポンド=174円で計算)。

(webCG)

関連キーワード:
650S650S スパイダーマクラーレンジュネーブモーターショー2014自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
ホームへ戻る