ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ(4WD/5AT)/コンパス リミテッド(4WD/6AT)

力の抜けたカッコよさ 2014.03.10 試乗記 先の「グランドチェロキー」に続いては、ハードコアな「ラングラー」とカジュアルな「コンパス」という、対極に位置する2モデルに試乗。雪の白馬で、ジープ・ブランド各モデルの共通項を探った。

初代のイメージを受け継ぐモデル――ラングラー

ジープは、もともと米軍の要請で開発された軍用車両で、後に民生用として販売された。1社だけがつくっていたわけではなく、いくつかの会社が軍に決められた仕様を生産していた。第2次世界大戦後に「ジープ」の商標をもっていたのはウィリス・オーバーランド社だが、その後にブランドの持ち主がいろいろと変わり、最終的にクライスラーのブランドのひとつとなった。先日そのクライスラーはフィアットに経営統合されてFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)となった。

かつての軍用車両だったジープの正当な後継モデルが「ラングラー」だ。張り出したフロントフェンダーや丸型ヘッドランプ、7分割グリルなどは当時からの伝統。もともとのジープは軽量・コンパクトなのが売りだったが、現在では軍用車両のベースになるわけでもなく、いわばクロスカントリー・ヴィークルとして存在するので、それなりに大きい。また、2007年に現行のJK型にモデルチェンジした際、2ドアに比べホイールベースを延長して4ドア化した「ラングラー アンリミテッド」が登場。販売の主力はアンリミテッドに移った。

ラングラー アンリミテッドは、2007年の登場当初は3.8リッターV6 OHVエンジン+4段ATというパワートレインを採用していたが、途中のマイナーチェンジで燃費向上を目的に3.6リッターV6 DOHCエンジン+5段ATに切り替わった。

現在のラインナップの中で、往年のジープのキャラクターを最も色濃く受け継いでいる「ラングラー」。4ドアモデルの「アンリミテッド」は現行型のデビューと同時に設定された。
度重なる改良によって、デビュー時よりも大幅に洗練されたインテリア。それでも、助手席側ダッシュボードの手すりなど、各所に本格オフローダーならではの装備やデザインが見られる。
「SAHARA」のロゴがあしらわれたファブリックシート。「ラングラー」の車内は水洗いが可能で、水を外へ流すための排水栓も備わっている。
2011年12月(発売は翌年1月)の改良で、新たに搭載された3.6リッターV6 DOHCエンジン。それまでの3.8リッターV6 OHVと比べ、最高出力が約40%向上している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラングラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る