第4回:特濃な魅力にクラクラ!
輸入車チョイ乗りリポート~650万円から1000万円編~

2014.03.05 JAIA輸入車試乗会2014

排気量6リッターオーバーの怪物に、硬派極まるミドシップスポーツ……。お値段も3ケタ万円の後半になると、「さすが国産車とは違うね!」というだけではその魅力を語れない、特濃な面々が集うようになる。中でも編集部が注目したのがこちらだ。

癒やし系BMW
BMW 523dツーリング……671万円

皆さんは、先代「BMW 3シリーズ」のCMを覚えているだろうか? カラスが「割ってちょうだい」と路上に落としたクルミを、ドライバーがひょいっとかわして見せるやつ。あのCMのイメージもあって、私はBMWと聞くと、いまだにハンドルを切ったら「スパッ」と反応して「シャーッ」と旋回するクルマを想像してしまう。クルマの進化に、記憶の更新が追い付いていないのである。

だから「523dツーリング」に乗って「おお?」と思ってしまった。このクルマ、ドライバーを刺激したり、驚かせたりするようなことがない。
車内空間は快適そのもの。2リッターのディーゼルターボは「根は優しくて力持ち」で、西湘バイパスの70km/h走行を7速、1400rpmで粛々とこなす。乗り心地についても、接地感のないふわふわした感じではないのに、外からの入力は「タン、ターン」と情報だけ伝えて衝撃は受け流す。対応がオトナ。見習いたい。テスト車はオプションのアクティブサスを装着していたので、それもあるのかも。

ここで「あ、『ドライビング・パフォーマンス・コントロール』(BMWの可変制御システム)がずっと『コンフォート』だった」と気づき、「スポーツ」モードを試してみる。ギアが1段落ち、70km/hでの回転数が1700-1800rpmあたりに上がる。エンジンが最大トルクを発生する回転域の入り口だ。アシも適度に固くなるけど……うーん。なんというか、コンフォートモードの方が、このクルマ本来の姿な気がした。

意外にも癒やし系。こういうBMWも大いにありです。

(文=webCG 堀田/写真=峰 昌宏)

「BMW 523dツーリング」
「BMW 523dツーリング」
 
第4回:特濃な魅力にクラクラ!輸入車チョイ乗りリポート~650万円から1000万円編~の画像
 
第4回:特濃な魅力にクラクラ!輸入車チョイ乗りリポート~650万円から1000万円編~の画像
 
第4回:特濃な魅力にクラクラ!輸入車チョイ乗りリポート~650万円から1000万円編~の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.1 試乗記 高級車市場において、かつて考えられなかったほど多くの支持を集める、現代のベントレー。最高出力528psのオープンモデル「コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル」に試乗し、人気の理由や今後の課題について考えた。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る