クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW X5 xDrive35d xライン(4WD/8AT)

異端であるがゆえの本流 2014.03.11 試乗記 直6ディーゼルターボを搭載した「BMW X5」に試乗。モダンなパフォーマンスとクラシックなフィーリングを併せ持つ、その魅力に触れた。

大型SUVで「駆けぬける歓び」

「X5」はBMW内の異端であるがゆえに、BMWの保守本流をいく。それは、かの田中角栄が自民党内の異端であるがゆえに、政治姿勢としては保守本流をゆこうとしたのにも似ている……かもしれない。まあ、このう、3代目X5の「xDrive35d」の試乗を終えた私は、こう思ったわけであります(と角さんのマネをしても、若い人はご存じないでしょうけれど……)。

ドイツ本国で2013年8月に発表された新型X5は、ざっくり申し上げると、2006年に登場した2代目の機械部分の熟成を図り、7年間の技術進歩、主に電子制御テクノロジーをてんこ盛りにしたモデルである。もちろんボディーは全面的に新しい。とはいえ、2935mmのホイールベースは先代と同一だし、前後サスペンションの形式も同じ、さらにパワートレインもキャリーオーバーなので、したがってプラットフォームは先代の洗練版であると考えられる。

だから、よいのである。

そう私は申し上げたい。スポーツサルーンづくりの名手、BMWならでの味わいがフロイデ・アム・ファーレン、風呂から出て湯あみしてあふれ出てる……という感じ。これぞ「駆けぬける歓び」を感じさせる大型SUVなのだ。

「X5」はBMW初のSUVとして2000年に登場。新型は3代目のモデルに当たり、日本では2013年11月に発売された。
「X5」はBMW初のSUVとして2000年に登場。新型は3代目のモデルに当たり、日本では2013年11月に発売された。
    拡大
インテリアは、他のBMW車と同じく、複数の面を重ねる「レイヤリング」という手法でデザインされている。照明の色を3色から選択できるアンビエントライトなどを装備。
インテリアは、他のBMW車と同じく、複数の面を重ねる「レイヤリング」という手法でデザインされている。照明の色を3色から選択できるアンビエントライトなどを装備。
    拡大
テスト車の「xLine」は、「X5」の中でもよりSUVらしさを強調したモデルであり、エクステリアにはステンレスフィニッシャーやアルミ製ルーフレールを装備している。
テスト車の「xLine」は、「X5」の中でもよりSUVらしさを強調したモデルであり、エクステリアにはステンレスフィニッシャーやアルミ製ルーフレールを装備している。
    拡大

BMW X5 xDrive35d xLine(4WD/8AT)【試乗記】の画像 拡大
注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ

モダンで懐かしい直6ディーゼル

たとえば、新型X5は運転席によじ登った刹那(せつな)は、たまたま先日、試乗するチャンスを得た新型「レインジ・ローバー・スポーツ」と同じくらいでっかいと思う。実際、この2台は、全長5m近い巨体同士で、サイズ的にはほとんど変わらない。ところが、動きだした途端、3代目X5はあたかも「5シリーズ」であるかのごとくに、いや、むしろそれよりもっと小さなサルーンであるかのようにスイッと動く。

なぜというに、スタートするに当たって、ブレーキをチョイと緩める。そこから3リッター直6 DOHCディーゼルターボの大地から湧き出るようなトルクがスイッと立ち上がるからである。

エンジンがいいですねぇ。

と中島誠之助のマネをしたくなるほどに。バイエルンの伝家の宝刀、ストレートシックス。それがガソリンならぬ、ディーゼルであるところに21世紀のこんにち性がある。名品です。先代X5でも使われていたこのユニットは、燃焼効率の見直しによって最高出力は245psから258psに、最大トルクは55.1kgm から57.1kgmへと強化されている。ガソリンの自然吸気であれば排気量5リッター超級の最大トルクが低回転数から湧きいで、4000rpmを超え、5400rpmのレッドゾーンまで、じつに滑らかに回る。ちょっとクラシックなバイエルン製直6のフィーリングを思い出したりもする。

テスト車の前席には、サイ・サポートや、バックレスト上部の角度、バックレスト幅などを電動調整できる、オプションの「フロント・コンフォートシート」が装備されていた。
テスト車の前席には、サイ・サポートや、バックレスト上部の角度、バックレスト幅などを電動調整できる、オプションの「フロント・コンフォートシート」が装備されていた。
    拡大
後席は4:2:4の3分割可倒式。テスト車には35万円のオプション装備「リアエンターテインメントシステム」が備えられていた。
後席は4:2:4の3分割可倒式。テスト車には35万円のオプション装備「リアエンターテインメントシステム」が備えられていた。
    拡大
57.1kgm/1500-3000rpmという大トルクが自慢の、3リッター直6ディーゼルターボ。新型「X5」には、このほかにも3リッター直6と4.4リッターV8の、2種類のガソリンエンジンが用意されている。
57.1kgm/1500-3000rpmという大トルクが自慢の、3リッター直6ディーゼルターボ。新型「X5」には、このほかにも3リッター直6と4.4リッターV8の、2種類のガソリンエンジンが用意されている。 拡大
ボディーカラーは、写真の「スパークリングブラウン」を含む全8色。
ボディーカラーは、写真の「スパークリングブラウン」を含む全8色。
    拡大

乗り味はスポーツサルーンそのもの

もうひとつには、駐車時や低速ではごくクイック、高速ではゆったり、に変化するアクティブステアリングを採用していることもある。じつは先代も採用していたはずなのだけれど、この可変ギアレシオの違和感のなさときたら、まるで「3シリーズ」を操っているがごとしである。こんなに大きなクルマなのに操舵(そうだ)とボディーの動きの間にズレがない。伊豆の山道を走っていても、ナチュラルなクルマとの一体感がある。

最近のBMWの例に漏れず、X5 xDrive35dはパワートレインや足まわりの電子制御のプログラムを任意で変えることができる「ドライビング・パフォーマンス・コントロール」を標準装備している。私は「コンフォート」で走っている時間が長かったけれど、コンフォートでも乗り心地はやや硬めで、厚みがあって、それでいてユルさを感じない。それはいかにも、バイエルン製の高級スポーツサルーンといった風情の快適さなのだった。ま、ホントはメイド・イン・USAなわけだけれど、それはともかく、私をして、かつての5シリーズとか「7シリーズ」を思い起こさせた。かつてというのは、80~90年代、電子制御がたくさん使われる以前の、外観のカタチでいうとクリス・バングル以前の大型BMWサルーンのイメージである。

エンジンやパワートレインの進化や、Cd値0.31という高い空力性能などにより、「X5 xDrive35d」は従来モデルより25%優れた13.8km/リッター(JC08モード)の燃費を実現している。


    エンジンやパワートレインの進化や、Cd値0.31という高い空力性能などにより、「X5 xDrive35d」は従来モデルより25%優れた13.8km/リッター(JC08モード)の燃費を実現している。
    拡大
「xLine」の足元は9J×19インチのアルミホイールと、255/50R19サイズのタイヤの組み合わせ。テスト車はグッドイヤーのSUV用ランフラットタイヤを装備していた。
「xLine」の足元は9J×19インチのアルミホイールと、255/50R19サイズのタイヤの組み合わせ。テスト車はグッドイヤーのSUV用ランフラットタイヤを装備していた。
    拡大
荷室容量は従来モデルより30リッター大きい620リッターを確保。後席を倒した時のスペースも、従来型より120リッター大きい1870リッターとなっている。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
荷室容量は従来モデルより30リッター大きい620リッターを確保。後席を倒した時のスペースも、従来型より120リッター大きい1870リッターとなっている。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます) 拡大

クラシックなBMWの味がする

もちろん、その頃のBMWにはなかった技術や装備はある。たとえば、ZFの8段ATは、いつ変速したのか、タコメーターを見ていないとわからないほどの洗練ぶりを披露する。アイドリングストップがついているから、ディーゼルといえども、信号待ちでは電気自動車であるがごとくに静粛である。当たり前です、爆発をお休みしているのですから。ファイナルまで含めてギア比は先代と同じだけれど、空力的洗練と先代比20kgの軽量化、それにアイドリングストップが導入されるなどして、カタログ燃費は11.0km/リッターから13.8km/リッターへと20%向上している。

ボディーはリアのオーバーハングが若干長くなり、その分、トランクルームが広がっている。市場の要望に応えた、ということなのだろう。ヘッドアップ・ディスプレイやら歩行者検知機能付き衝突回避・被害軽減ブレーキやら、真上から見た画像がモニターで見られて駐車のときに便利な機構やらが用意された。電子制御のてんこ盛りとはこのことである。狭い駐車場も怖くない。

X5はBMWの異端のXモデルであるからこそ、BMW流スポーツサルーンなのだ。冒頭、私はそう記したわけだけれど、そのことは1999年のデトロイトショーで初代が姿を現してからこんにちの3代目にいたるまでいささかも変わっていない。「ドライビング・パフォーマンス・コントロール」のECO PROモードを選べば、ゆったり、のんびりも走れるけれど、ドライバーがその気になれば、バイエルンならではの伝統的な歓喜の歌をうたってくれる。ちょっとクラシックな味のBMWをお望みの諸兄にオススメです。もちろん、食わずSUV嫌いにも。

(文=今尾直樹/写真=向後一宏)

トランスミッションにはZF製の8段ATを採用。アイドリングストップ機構やコースティング(惰性走行)機能など、燃費を抑えるための装備を数多く搭載している。
トランスミッションにはZF製の8段ATを採用。アイドリングストップ機構やコースティング(惰性走行)機能など、燃費を抑えるための装備を数多く搭載している。
    拡大
安全装備は充実しており、「レーンディパーチャー・ウォーニング」や「衝突回避・被害軽減ブレーキ」などの機能からなる安全運転支援システムの「ドライビングアシスト」を、「X5 xDrive35d SE」を除く全グレードに搭載している。
安全装備は充実しており、「レーンディパーチャー・ウォーニング」や「衝突回避・被害軽減ブレーキ」などの機能からなる安全運転支援システムの「ドライビングアシスト」を、「X5 xDrive35d SE」を除く全グレードに搭載している。 拡大

BMW X5 xDrive35d xLine(4WD/8AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

BMW X5 xDrive35d xLine

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4910×1940×1760mm
ホイールベース:2935mm
車重:2270kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:258ps(190kW)/4000rpm
最大トルク:57.1kgm(560Nm)/1500-3000rpm
タイヤ:(前)255/50R19/(後)255/50R19(グッドイヤー・イーグルF1 4×4 RFT<ランフラット>)
燃費:13.8km/リッター(JC08モード)
価格:864万円/テスト車=1067万6000円
オプション装備:メタリックペイント(9万円)/8段スポーツ・オートマチックトランスミッション+スポーツレザー・ステアリングホイール(4万2000円)/ソフトクローズ・ドア(9万3000円)/電動パノラマガラスサンルーフ(25万円)/リアサイドウィンドウ・ローラーブラインド(3万7000円)/フロント・コンフォートシート(17万5000円)/ストレージコンパートメント・パッケージ(3万9000円)/LEDヘッドライト(19万円)/レーンチェンジ・ウォーニング(10万円)/ドライビングアシスト・プラス:ACC<アクティブ・クルーズコントロール>(14万円)/BMWヘッドアップ・ディスプレイ(20万1000円)/リアエンターテインメントシステム(35万円)/デザインピュアエクセレンス・インテリア(27万円)/BMWコネクテッドドライブ・プレミアム(5万9000円)
※価格は、いずれも5%の消費税を含む。

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:4482km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:582.3km
使用燃料:60.6リッター
参考燃費:9.6km/リッター(満タン法)/9.5km/リッター(車載燃費計計測値)

 

BMW X5 xDrive35d xLine
BMW X5 xDrive35d xLine 拡大

関連キーワード:
X5BMW試乗記

あなたにおすすめの記事