電気で走る商用バン「日産e-NV200」が登場【ジュネーブショー2014】

2014.03.04 自動車ニュース
「日産e-NV200」
「日産e-NV200」

【ジュネーブショー2014】電気で走る商用バン「日産e-NV200」が登場

日産自動車は2014年3月4日、ジュネーブモーターショー(会期:2014年3月4日~3月16日)において、電気自動車「e-NV200」を発表した。

 

e-NV200は、商用バンの「NV200」をベースとした電気自動車である。駆動システムは「リーフ」のコンポーネンツを利用したもので、一充電で170kmの距離を走ることが可能(欧州NEDCモード)。最高速は120km/hとなっている。

バッテリーは家庭用電源(16A/単相/3.3kW)から充電でき、32A /6.6kWの電源を利用すれば4時間で充電を終えることが可能。ヨーロッパ各地に1000基以上設置されているというチャデモ規格の急速充電器を使えば、30分で80%まで充電することができる。

欧州でのラインナップは「バン」、5人乗りの「コンビ」、乗用タイプの「エヴァリア」の3種類。生産はスペインのバルセロナ工場で行い、欧州では2014年5月の発売を予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
e-NV200日産ジュネーブモーターショー2014イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産NV200バネット(FF/4AT)【試乗記】 2009.6.3 試乗記 日産NV200バネット(FF/4AT)
    ……186万3750円


    2009年5月に発表された「NV200バネット」。その特徴は、かなり個性的なデザインと、抜群の機能性がマッチしていること。クルマを道具として使い倒したいユーザー必見のニューモデルだ。
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
  • 「日産NV200」デキるオトコの商用車【出展車紹介】 2007.10.16 国産車 コンセプトカー「日産NV200」は、アクティブなプロフェッショナルを想定した、スマートな商用車だ。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る