電気で走る商用バン「日産e-NV200」が登場【ジュネーブショー2014】

2014.03.04 自動車ニュース
「日産e-NV200」
「日産e-NV200」

【ジュネーブショー2014】電気で走る商用バン「日産e-NV200」が登場

日産自動車は2014年3月4日、ジュネーブモーターショー(会期:2014年3月4日~3月16日)において、電気自動車「e-NV200」を発表した。

 

e-NV200は、商用バンの「NV200」をベースとした電気自動車である。駆動システムは「リーフ」のコンポーネンツを利用したもので、一充電で170kmの距離を走ることが可能(欧州NEDCモード)。最高速は120km/hとなっている。

バッテリーは家庭用電源(16A/単相/3.3kW)から充電でき、32A /6.6kWの電源を利用すれば4時間で充電を終えることが可能。ヨーロッパ各地に1000基以上設置されているというチャデモ規格の急速充電器を使えば、30分で80%まで充電することができる。

欧州でのラインナップは「バン」、5人乗りの「コンビ」、乗用タイプの「エヴァリア」の3種類。生産はスペインのバルセロナ工場で行い、欧州では2014年5月の発売を予定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る