第337回:「ぶれないダイハツ」をチロルの山小屋風の元販売協力店で見つけた!

2014.03.07 エッセイ

欧州のダイハツは今

ダイハツが欧州での販売から撤退して、早くも1年以上が過ぎた。
イタリアでは、今なお「テリオス」や1リッターエンジンを搭載した6代目「ミラ」が元気に走っているのをたびたび見かける。パリでも、同じく1リッターエンジンの2代目「ミラジーノ」が、さりげなく街角にたたずんでいたりする。
参考までにダイハツは販売から撤退しても、サービスはきちんと継続している。例えばフランス国内には、コルシカ島も含め90以上の拠点が今もある。今回は、そのダイハツに関するお話だ。

オーストリアのインスブルックからアウトバーンで約1時間、チロル州エッツタールは、夏はトレッキング、冬はウインタースポーツでにぎわう渓谷地帯だ。イタリア国境からもそれほど遠くないので、ボクもこれまでたびたび訪れている。

ドイツ語をかじったことのある方ならおわかりのように、tal(タール)とは渓谷を意味する。片側一車線のB186号線は、谷あいの村を縫って進む。エッツは、アウトバーンから谷に差し掛かって、最初に現れる村だ。チロル州観光局のウェブサイトによると人口は2200人、標高はエリアによって820~3008メートルと、かなりの差がある。

パリで。15区にたたずむ「ダイハツ・ミラジーノ」。
パリで。15区にたたずむ「ダイハツ・ミラジーノ」。
エッツタールの街道沿いにあるガレージ「プラットナー」。
エッツタールの街道沿いにあるガレージ「プラットナー」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。