スズキが新型コンパクト「セレリオ」を出展【ジュネーブショー2014】

2014.03.05 自動車ニュース
「スズキ・セレリオ」と、スズキの鈴木俊宏副社長。
「スズキ・セレリオ」と、スズキの鈴木俊宏副社長。

【ジュネーブショー2014】スズキが新型コンパクト「セレリオ」を出展

スズキは2014年3月4日、ジュネーブモーターショーにおいてAセグメントの新型コンパクトカー「セレリオ」を欧州初公開した。

「スズキ・セレリオ」
「スズキ・セレリオ」

セレリオは、スズキがAセグメント車の枠を超えた「A+コンパクト」として提案する、新たな小型車である。コンパクトカーならではの扱いやすさは保ちつつ、Aセグメント車とは思えない広い室内空間や、254リッターもの荷室容量を達成。環境性能も重視しており、動力性能を犠牲にすることなく、85g/kmという低CO2排出量を実現したという。

エンジンは、デュアルインジェクションシステムを搭載した新開発の「K10C」を含む全2種類。トランスミッションは新開発の5段MTと、「オートギヤシフト」と呼ばれる2ペダル式ロボタイズドMTを用意している。

欧州では2014年後半より順次発売を予定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。