「フェラーリ・カリフォルニアT」がデビュー【ジュネーブショー2014】

2014.03.05 自動車ニュース
「フェラーリ・カリフォルニアT」
「フェラーリ・カリフォルニアT」

【ジュネーブショー2014】「フェラーリ・カリフォルニアT」がデビュー

伊フェラーリは、2014年3月4日に開幕したジュネーブモーターショーにおいて、新型のオープンスポーツカー「カリフォルニアT」を発表した。

「カリフォルニアT」序幕の様子。
「カリフォルニアT」序幕の様子。
 
「フェラーリ・カリフォルニアT」がデビュー【ジュネーブショー2014】の画像
 
「フェラーリ・カリフォルニアT」がデビュー【ジュネーブショー2014】の画像
フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長も登壇。あいさつを述べた。
フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長も登壇。あいさつを述べた。
 
「フェラーリ・カリフォルニアT」がデビュー【ジュネーブショー2014】の画像
 
「フェラーリ・カリフォルニアT」がデビュー【ジュネーブショー2014】の画像

■キモは強力なターボエンジン

1950~60年代に作られたクラシックフェラーリのなかでも人気の高い「250GTカリフォルニア スパイダー」にちなんだ車名を持つ「カリフォルニア」は、2008年にデビュー。V8エンジンをフロントに積んだ、リトラクタブル・ハードトップを備える2+2スパイダーで、現在のフェラーリのラインナップにおいてはエントリーモデルとなる。

新たに登場した進化型である「カリフォルニアT」は、その心臓部たるV8エンジンを自然吸気の直噴4.3リッターから、「T」の文字が表すとおり、3.9リッター直噴ターボに換装。フェラーリのロードカーとしては、「F40」以来およそ四半世紀ぶりとなるターボエンジン搭載車となった。
実質的にターボラグが存在しないとうたう、2基のツインスクロールターボを備えた新開発ユニットは、最高出力560ps/7500rpm、最大トルク77.0kgm/4500rpmを発生。従来の「カリフォルニア30」の490ps、50.5kgmに比べ、実に5割以上というトルクの増強が目覚ましく、パフォーマンスは最高速度316km/h、0-100km加速3.6秒という。

今季から新レギュレーションが導入されたF1と同様にターボユニットの選択は効率を高めるためという主張のとおり、燃費は複合モードでリッターあたり約9.5kmと従来より15%改善、CO2排出量も250g/kmと20%低減された。

向上した動力性能に対応して、ブレーキも強化。サスペンションとステアリングの改良により、よりクイックで正確なハンドリング特性を実現させるとともに、さらに快適な乗り心地も確保。
パワーユニットを筆頭に、ブラッシュアップされたランニングシャシーに載るボディーは、1950年代のレーシングスポーツ「250テスタロッサ」から引用したという、フロントフェンダーからドアにかけての大胆なプレスラインなどでよりアグレッシブな印象となり、同時に空力性能も向上している。

(文=沼田 亨/写真=フェラーリ)

→「フェラーリ・カリフォルニアT」のその他写真はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • 第47回 フェラーリは舐めるように乗れ 2017.6.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第47回は「フェラーリは舐めるように乗れ」。フェラーリを買ったら毎日乗りたいと考える者も多い。が、それは果たして……。持続可能なフェラーリライフを送るために筆者が肝に銘じていることとは?
  • BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表 2017.6.14 自動車ニュース 独BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表した。既存の「5シリーズ グランツーリスモ」の後継を担う大型の5ドアハッチバックモデルであり、2017年9月に開催されるフランクフルトショーにおいて世界初公開される。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
ホームへ戻る