新型「MINIクラブマン」のコンセプトモデル登場【ジュネーブショー2014】

2014.03.05 自動車ニュース
「MINIクラブマン コンセプト」
「MINIクラブマン コンセプト」

【ジュネーブショー2014】新型「MINIクラブマン」のコンセプトモデル登場

独BMWは2014年3月4日、ジュネーブモーターショーにおいて「MINIクラブマン コンセプト」を公開した。

第3世代となったニューMINIの日本での発売は、もう間もなく。それに先駆けるかたちで公開されたクラブマン コンセプトは、現行型比で約2cm幅広く、26cmほど長いボディーサイズ(全長4223×全幅1844×全高1450mm)で、限りなくBセグメントのそれに近いステーションワゴンのパッケージを採ることになった。
長くなった全長は、衝突安全・空力対策に加えて室内長の追加にも用いられており、大人5人がおのおのの荷物を載せても十分。あらゆるアクティビティーにパーフェクトに応えるものという。

曲面を生かしたノーズのデザインに合わせ、若干尻下がり気味にしつらえたデザインは、水平基調の現行型に対して明らかにスポーティーなものに仕上がっていた。コンセプトモデルながら、ほぼこのままのアピアランスで登場することは間違いないだろう。

(文=渡辺敏史)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
ホームへ戻る