新型「MINIクラブマン」のコンセプトモデル登場【ジュネーブショー2014】

2014.03.05 自動車ニュース
「MINIクラブマン コンセプト」
「MINIクラブマン コンセプト」

【ジュネーブショー2014】新型「MINIクラブマン」のコンセプトモデル登場

独BMWは2014年3月4日、ジュネーブモーターショーにおいて「MINIクラブマン コンセプト」を公開した。

第3世代となったニューMINIの日本での発売は、もう間もなく。それに先駆けるかたちで公開されたクラブマン コンセプトは、現行型比で約2cm幅広く、26cmほど長いボディーサイズ(全長4223×全幅1844×全高1450mm)で、限りなくBセグメントのそれに近いステーションワゴンのパッケージを採ることになった。
長くなった全長は、衝突安全・空力対策に加えて室内長の追加にも用いられており、大人5人がおのおのの荷物を載せても十分。あらゆるアクティビティーにパーフェクトに応えるものという。

曲面を生かしたノーズのデザインに合わせ、若干尻下がり気味にしつらえたデザインは、水平基調の現行型に対して明らかにスポーティーなものに仕上がっていた。コンセプトモデルながら、ほぼこのままのアピアランスで登場することは間違いないだろう。

(文=渡辺敏史)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
ホームへ戻る