新型「MINIクラブマン」のコンセプトモデル登場【ジュネーブショー2014】

2014.03.05 自動車ニュース
「MINIクラブマン コンセプト」
「MINIクラブマン コンセプト」

【ジュネーブショー2014】新型「MINIクラブマン」のコンセプトモデル登場

独BMWは2014年3月4日、ジュネーブモーターショーにおいて「MINIクラブマン コンセプト」を公開した。

第3世代となったニューMINIの日本での発売は、もう間もなく。それに先駆けるかたちで公開されたクラブマン コンセプトは、現行型比で約2cm幅広く、26cmほど長いボディーサイズ(全長4223×全幅1844×全高1450mm)で、限りなくBセグメントのそれに近いステーションワゴンのパッケージを採ることになった。
長くなった全長は、衝突安全・空力対策に加えて室内長の追加にも用いられており、大人5人がおのおのの荷物を載せても十分。あらゆるアクティビティーにパーフェクトに応えるものという。

曲面を生かしたノーズのデザインに合わせ、若干尻下がり気味にしつらえたデザインは、水平基調の現行型に対して明らかにスポーティーなものに仕上がっていた。コンセプトモデルながら、ほぼこのままのアピアランスで登場することは間違いないだろう。

(文=渡辺敏史)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「MINIクラブマン」に「ジョンクーパーワークス」が追加 2017.1.25 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月25日、MINIブランドのステーションワゴン「MINIクラブマン」のモデルラインナップに、「ジョンクーパーワークス クラブマン」を追加設定し、販売を開始した。価格は500万円。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
ホームへ戻る