BMW史上初、FFのコンパクトカーを世界初公開【ジュネーブショー2014】

2014.03.05 自動車ニュース
「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」
「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」

【ジュネーブショー2014】BMW史上初、FFのコンパクトカーを世界初公開

独BMWは2014年3月4日、ジュネーブモーターショーにおいて「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」を世界初公開した。

全長は4342mm、ベースモデルには1.5リッター直3ターボエンジンが搭載される。
全長は4342mm、ベースモデルには1.5リッター直3ターボエンジンが搭載される。
プレスカンファレンスで「2シリーズ アクティブツアラー」を披露するBMWのノルベルト・ライトホーファー会長。
プレスカンファレンスで「2シリーズ アクティブツアラー」を披露するBMWのノルベルト・ライトホーファー会長。

■FF化が実現したかつてないほどの空間効率

BMWとしては初のFFモデルとなる2シリーズ アクティブツアラー、そのプラットフォームは先ごろ発表されたばかりの3代目「MINI」との関連が強いものだ。

全長×全幅×全高=4342×1800×1555mmのプロポーションは極限までパッケージを突き詰めるというよりも、BMWらしさを残す方向で設(しつら)えられ、個人的印象としてはかつての「ホンダ・エディックス」に近いようにみえた。当然シートアレンジは異なりオーソドックスな5シーターとなるが、そのインテリアにもBMWらしいデザインとクオリティーが貫かれている。

リクライニングも可能な後席は4:2:4スプリットのシングルホールディングで、最大1510リッターの荷室容積を確保。FF化によりBMWとしてはかつてない空間効率を得ているが、走りの印象がどのようなものかは未知数だ。

ベースモデルに搭載される1.5リッター3気筒直噴ターボでも、この車格に十分なトルクをもたらすことは新型MINIの試乗で体感済み。それだけに、シャシーのセットアップがいかなる方向に収まっているかが興味深い。

(文=渡辺敏史/写真=BMW)

―「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」の詳細な写真はこちら。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 218dグランツアラー Mスポーツ(FF/8AT)【試乗記】 2015.7.21 試乗記 “7人で乗れるBMW”「2シリーズ グランツアラー」の、ディーゼルモデルに試乗。ミニバンとしての実用性は、どれほどのものなのか? 走りの質感とあわせてリポートする。
  • BMW 225xeアクティブツアラー ラグジュアリー(4WD/6AT)【試乗記】 2016.6.6 試乗記 日本での販売も好調な「BMW 2シリーズ」の“FFモデル群”に、新しい選択肢「225xeアクティブツアラー」が加わった。単なるハイブリッドではない、驚きの四駆のPHVである。日本市場を取り巻く環境とその実力を検証してみた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る