【スペック】全長×全幅×全高=4640×1780×1390mm/ホイールベース=2760mm/車重=1580kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ(204ps/5500rpm、31.6kgm/2000-4300rpm)/価格=598万円(テスト車=649万4000円/メタリックペイント<カバンサイトブルー>=8万4000円/本革シート 前席シートヒーター付き=25万円/ユーティリティパッケージ<キーレスゴー+パークトロニック パーキングガイダンス機能付き>=18万円)

メルセデス・ベンツC250 ブルーエフィシェンシー クーペ(FR/7AT)【試乗記】

正統派の二枚目クーペ 2011.12.28 試乗記 メルセデス・ベンツC250 ブルーエフィシェンシー クーペ(FR/7AT)
……649万4000円

まずは夏にAMG 仕様が上陸した「Cクラス クーペ」。続いて秋に2種のブルーエフィシェンシーモデルが加わり、ラインナップが整った。上級の「C250 クーペ」を試す。

「優雅」より「スポーツ」が勝る

「走るほど、満たされる。Cクラス クーペ、ここに舞い降りる。」

……そんなベタにカッコいいコピーを伴って、新しい「メルセデス・ベンツCクラス クーペ」が日本に“舞い降りた”。ラインナップは大きく分けて3つ。1.8リッター直4ターボのチューン違いで2種類、「C180 ブルーエフィシェンシー クーペ」(156ps、25.5kgm)と「C250 ブルーエフィシェンシー クーペ」(204ps、31.6kgm)、それに6.2リッターV8(457ps、61.2kgm)を搭載する「C63 AMG クーペ」である。

先代のCクラス クーペは、メルセデスがわれを忘れて若返りを図っていた時期ということもあってか、ハッチバックボディーをまとった「スポーツクーペ」として登場。世のスリーポインテッドスター好きを嘆かせ……、否、驚かせ、アンチをして大いにおもしろがらせた。しかし今回は、10年ほどの時を経て、正統派二枚目クーペとしてデビューした。スポーツクーペが狙ったのと同じようなユーザー層を、先代Cベースの2ドアモデル「CLK」の、さらなる若返り版で獲得しようとしている、といえるかもしれない。

ディメンションの基本となるホイールベースは、もちろん「史上最高傑作のC」こと現行Cクラスセダン/ワゴンと同じ2760mm。4640mmの全長、1780mmの全幅ともセダンとほとんど変わらないが、全高は1390mmと5cm以上低くなっている。いかにもエンジン縦置き後輪駆動車らしい長いノーズ、流麗なルーフライン、天地に薄いサイドウィンドウ、後方へ向かって一直線に駆け上がるキャラクターライン、そうした要素が一体となって低く構えたフォルムがつくられる。なかなか精悍(せいかん)だ。「優雅」より、ずいぶんと「スポーツ」が勝ったクーペである。

前ホイールアーチの後ろに装着されるブルーエフィシェンシーバッジ。
メルセデス・ベンツC250 ブルーエフィシェンシー クーペ(FR/7AT)【短評】
トランスミッションは7段の「7G-TRONIC PLUS」。ステアリングホイールにはシフトパドルが備わる。
メルセデス・ベンツC250 ブルーエフィシェンシー クーペ(FR/7AT)【短評】
テスト車にはオプションの本革シート(アルパカグレー)が装着されていた。
メルセデス・ベンツC250 ブルーエフィシェンシー クーペ(FR/7AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る