ボルボXC60 T5 SE(FF/8AT)

クールジャパンなボルボ 2014.03.14 試乗記 「Drive-E」と呼ばれるボルボの新世代パワートレインを搭載した「XC60 T5」。新開発の2リッター4気筒ターボの実力を試した。

“これから”を担うパワーユニット

おさらいすると、ボルボ初のクロスオーバーSUVが「XC60」である。現行60シリーズには、ほかに「S60」(セダン)と「V60」(ワゴン)があるが、2008年のデビューはXC60が最も早く、09年に国内導入された際には、いわゆる「ぶつからない技術」の「シティセーフティ」を世界に先駆けて全車標準装備するクルマとして話題になった。
ボルボも最近はモデル数が増えたと思ったら、2013年は「ゴルフ」のガチンコライバル「V40」が日本でも大ヒットし、販売の半分を占めるまでになった。そんななかで、XC60のシェアは約1割にとどまる。そのエンジンのひとつが新しくなったことがどれほどのニュースなのか、と思われるかもしれないが、これがビッグニュースなのである。
S60/V60にも搭載された新エンジンは、直噴2リッター4気筒ターボ。「200気圧、つまり2000mの深海の水圧と同じ燃圧」と言われてもピンとこないが、とにかくクラストップの高圧インジェクターをはじめ、高出力と環境性能を両立させる最新技術が盛り込まれている。このユニットは“Drive-E”と名づけられた新世代パワートレインの第1弾で、これから出るボルボのガソリンエンジンはすべてこの直噴2リッター4気筒がベースになる。他の現行モデルも、すべてこのエンジンのチューン違いに換装されていくはずだ。フォードと決別したボルボが社運を賭けて久々に独自開発したメイド・イン・スウェーデンのパワーユニット、という出自に比べたら、旧型比23%改善のJC08モード燃費により、ボルボ初の100%減税をゲット、なんていうニュースはドメスティックなものである。

新開発の直噴2リッター4気筒ターボエンジンは、245psと35.7kgmを発生する。
新開発の直噴2リッター4気筒ターボエンジンは、245psと35.7kgmを発生する。
テスト車にはオプションの「レザー・パッケージ」(25万円)と本革スポーツシート(10万円)が装着されていた。
テスト車にはオプションの「レザー・パッケージ」(25万円)と本革スポーツシート(10万円)が装着されていた。

ボルボXC60 T5 SE(FF/8AT)【試乗記】の画像
後席は40:20:40分割可倒式で、状況に応じて荷室容量を拡大することができる。(写真をクリックすると、シートアレンジが見られます)
後席は40:20:40分割可倒式で、状況に応じて荷室容量を拡大することができる。(写真をクリックすると、シートアレンジが見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • 【ジュネーブショー2017】ボルボ、ミドルサイズSUVの新型「XC60」を発表 2017.3.7 自動車ニュース ボルボが新型「XC60」をジュネーブショーで発表。従来モデルから運転支援システムを強化しており、ステアリングやアクセル、ブレーキを自動制御する「パイロットアシスト」を初採用。パワープラントにはプラグインハイブリッドも用意されている。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚き値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る