第136回:“平成のハチロク”、乗ってみたらどうだった? 〜「トヨタ86」チョイ乗り試乗会から

2011.12.27 エッセイ

第136回:“平成のハチロク”、乗ってみたらどうだった?〜「トヨタ86」チョイ乗り試乗会から

自他ともに認める“ハチロク(AE86)マニア”山田弘樹が、2012年春の発売が予定されているFRスポーツカー「トヨタ86」にチョイ乗り。「現代の86」の呼び声高いニューモデルは、マニアの目にどう映った?

富士スピードウェイのショートコースで行われた「トヨタ86」の試乗会。ご覧のとおり、海外からの参加者の姿も。
富士スピードウェイのショートコースで行われた「トヨタ86」の試乗会。ご覧のとおり、海外からの参加者の姿も。
自動車ライターの山田弘樹氏。ハチロクと聞いたら、乗らずにはいられません!?
自動車ライターの山田弘樹氏。ハチロクと聞いたら、乗らずにはいられません!?
第136回:“平成のハチロク”、乗ってみたらどうだった? 〜「トヨタ86」チョイ乗り試乗会からの画像

世界のメディアも大注目!

『webCG』でプロトタイプの試乗記が公開されてから、ほぼひと月。相変わらず高い注目度を保っている「トヨタ86」は、間違いなく、いま日本で一番期待されているスポーツカーと言えるだろう。

筆者も、2011年11月27日に富士スピードウェイで開催されたトヨタのファン感謝イベント「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2011」で初対面。さらに幸福なことに、富士のショートコースで走らせることができた。

インラップ/アウトラップを含めて、“たった3周のアトラクション”レベルではあったけれど、それについては文句は言うまい。この日は、日本のマスコミはもちろん、海外のメディアやジャーナリストまでが押し寄せて、試乗会の受け付けには長蛇の列ができていたのだから! 
……もっとも、熱心な海外からの取材陣は、どさくさに紛れて何度か「おかわり」していたようだけど。(ブツブツ)


かくいう筆者は、大のハチロク好き。元祖ハチロク(AE86)には一家言ある、根っからのハチロク・ファンである。

気が付けば、ハチロク歴は20年。はじめは学生時代の後期型「スプリンター・トレノ(GT 2Dr)」で、社会人になってから手に入れた86年式後期型「レビン(GT APEX 3Dr)」には、今でも乗り続けている。さらに一昨年、エアコンやオーディオはおろか、内装がまるごと取っ払われたレース用のレビンも入れた。

学生時代に手に入れたGTはワンオーナー車で、程度もそこそこ以上のものだったが、買ったときより高い値が付くや、次のクルマの頭金に変えてしまった。いまも持ち続けているGT APEXは、13年ほど前に友人から12万円で買ったもので、なぜか手放す気にならず、居着いてしまった猫のようにわが家にすみ続けている。

「トヨタ86」のプレスカンファレンスでのひとこま。多田哲也チーフエンジニア(写真左)が、かつてのハチロクをスライドで紹介した。
「トヨタ86」のプレスカンファレンスでのひとこま。多田哲也チーフエンジニア(写真左)が、かつてのハチロクをスライドで紹介した。
ハチロク近影。「AE86」には「カローラレビン」と「スプリンタートレノ」があって、写真はコミック『頭文字D』をきっかけに人気を博した後者のほうだ。
ハチロク近影。「AE86」には「カローラレビン」と「スプリンタートレノ」があって、写真はコミック『頭文字D』をきっかけに人気を博した後者のほうだ。

さして手を入れているわけではなく、ぱっと見きれいだが実は適度にボロく、エンジンだってノーマルだ。しかし、ハチロクの「4A-GEU」ユニットは頑丈で、これまで大きな故障もなく、時にはサーキット走行に、時にはお買い物に、今もなお活躍している。

ちなみに3ドアハッチバックのハチロクは、驚くほどに荷物が積める。「トヨタ86」のうたい文句ではないが、リアシートを前に倒せば、18インチタイヤ4本をすっぽりと飲み込んでしまう。ニトリで買った巨大な本棚も、ハチロクに積み込んで家まで運んだ。
思えば、コミック『頭文字D』でブームが起こるまでのハチロクは、そういう安価なクルマだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ