アウディA8 3.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)/A8 4.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)/A8 L W12クワトロ(4WD/8AT)/S8(4WD/8AT)

熟成の域へ 2014.03.13 試乗記 デビューから4年を経て、アウディのフラッグシップサルーン「A8/S8」にフェイスリフトが施された。一見さりげない変更だが、その中身は着実に進化し、熟成を感じさせる域に達していた。

一見さりげない変更だが……

ここ数年のプレミアムブランドとしてのアウディの浸透ぶりを実感させるのが、特に都市部におけるフラッグシップサルーンの「A8」、そして「S8」との遭遇の機会の増加ぶりである。実際、アウディ ジャパンによれば現行モデルは発表以来、毎年ほとんど変わらないペースでコンスタントに売れているという。もちろん、まだ「メルセデス・ベンツSクラス」や「レクサスLS」ほどとは言わないが、しかし「BMW 7シリーズ」は尻尾をつかまえられつつあるのでは。感覚的には、そんなふうに映る。

世界的にも、きっと同じような販売状況なのだろう。発表から4年を経て行われた初のフェイスリフトは、一見したところそれほど大掛かりなものではない。しかしながら結論から言えば、これがなかなか侮れない進化を遂げていたのだった。

例によって外観は化粧直しが行われた。ボンネットやアイデンティティーのシングルフレームグリル、前後バンパーなどの形状が改められ、またヘッドライトおよびテールライトの意匠も変更されている。

従来のヘッドライトのデザイン、歌舞伎の隈(くま)取りか何かを想像させる妙な表情で個人的にはあまり好きではなかったのだが、新型はシャープさ、ハイテクな雰囲気などアウディらしい個性が前面に出ていて悪くない。ディテールの洗練度を見ても、きちんと時代をキャッチアップしているなというところだ。

シングルフレームグリルやバンパーのデザインが変更されたほか、今回新たに「マトリックスLEDヘッドライト」が採用された。
シングルフレームグリルやバンパーのデザインが変更されたほか、今回新たに「マトリックスLEDヘッドライト」が採用された。
見た目の進化は控えめながら、ヘッドアップディスプレイが採用されるなど、機能面は着実に改善されている。写真は「A8 4.0 TFSIクワトロ」の室内。
見た目の進化は控えめながら、ヘッドアップディスプレイが採用されるなど、機能面は着実に改善されている。写真は「A8 4.0 TFSIクワトロ」の室内。
「A8 4.0 TFSIクワトロ」に搭載される4リッターV8ツインターボユニットは435psと61.2kgmを発生する。
「A8 4.0 TFSIクワトロ」に搭載される4リッターV8ツインターボユニットは435psと61.2kgmを発生する。
リアコンビネーションランプのデザインも変更された。写真は「A8 4.0 TFSIクワトロ」。
リアコンビネーションランプのデザインも変更された。写真は「A8 4.0 TFSIクワトロ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る