三菱eKスペース カスタムT(FF/CVT)/三菱eKスペースG(FF/CVT)

期待に応えて見せましょう 2014.03.13 試乗記 三菱が満を持して軽スーパーハイトワゴン市場に参入。最後発となる「eKスペース」はライバルに伍(ご)する実力を備えているのか。その使い勝手と走りを試した。

ライバルに“広さ”で真っ向勝負

競争力の高い軽自動車を開発するために、三菱自動車と日産自動車が50%ずつ出資して設立した合弁会社NMKV(Nissan Mitsubishi Kei Vehicle)が送り出す第2弾。「三菱eKワゴン」(日産は「デイズ」)に続くのは、「eKスペース」(日産は「デイズ ルークス」)というモデル。全高1700mmを超すスーパーハイトワゴンと呼ばれるカテゴリーに属する。

ちなみにスーパーハイトワゴンとしては、eKスペースが最後発、後出しじゃんけんとなる。では、先発の「ホンダN-BOX」「ダイハツ・タント」「スズキ・スペーシア」といった競合と比較して、三菱eKスペースのストロングポイントはどこか? 報道関係者向け試乗会でその実力を試した。
スペックを見ると、軽自動車規格ぴったりの全長(3395mm)と全幅(1475mm)は各車同じ。何が違うかというと高さが違って、1775mmのeKスペースは1780mmのN-BOXの次に背が高い。

背が高いということは、室内のスペースに余裕が生まれるということ。室内の高さ1400mmは、N-BOXと並んでスーパーハイトワゴンで最高だ。後席の居住空間に余裕を求める方は、eKスペースを選択肢に入れていいだろう。

2014年2月に発売された「三菱eKスペース」。これまでにも「トッポ」(先代「eKワゴン」に「トッポBJ」のキャビンを組み合わせたモデル)などの例はあったが、専用設計のボディーを持つ軽スーパーハイトワゴンとしては、これが三菱初となる。


	2014年2月に発売された「三菱eKスペース」。これまでにも「トッポ」(先代「eKワゴン」に「トッポBJ」のキャビンを組み合わせたモデル)などの例はあったが、専用設計のボディーを持つ軽スーパーハイトワゴンとしては、これが三菱初となる。
「eKスペース G」のインパネまわり。広さ感を演出するため、インテリアには横基調のデザインを採用している。
「eKスペース G」のインパネまわり。広さ感を演出するため、インテリアには横基調のデザインを採用している。
標準車のシート生地にははっ水性のソフトファブリックを採用。汚しても簡単に拭き掃除ができる。
標準車のシート生地にははっ水性のソフトファブリックを採用。汚しても簡単に拭き掃除ができる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKスペースの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る