【スペック】ML350 4マチック ブルーエフィシェンシー:全長×全幅×全高=4804×1926×1796mm/ホイールベース=2915mm/車重=2130kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(306hp/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツML350(4WD/7AT)【海外試乗記】

最良の道具 2011.12.27 試乗記 メルセデス・ベンツML350 4マチック ブルーエフィシェンシー(4WD/7AT)/ML350 ブルーテック 4マチック(4WD/7AT)

フルモデルチェンジを受け3代目に進化したメルセデス・ベンツのSUVモデル「Mクラス」。運動性能が向上したという新型を、オーストリアの雪山で試した。

改善された日常性

今日びのいわゆる「プレミアムSUV」の条件が、“乗用車系のプラットフォームをベースにした乗り心地や車内環境の快適性”にあるとすれば、初代「Mクラス」は悲運のクルマだったといえるだろう。
メルセデスにとって初のアメリカ工場生産モデルとなったそれは、地物のRVに居並ぶヘビーデューティーさを必携と考え、従来のフレームシャシー構造を採用。が、同時期に登場した「レクサスRX(トヨタ・ハリアー)」のバカ売れによってアメリカでSUVというジャンルが醸成されるに伴い、その手の背高モノは乗用車譲りのモノコックで十分というコンセンサスが整ってしまった。とあらば、Mクラスはウリの武骨さがガサツさと受け取られ、後発組にシェアを浸食されていったわけである。

2代目はその評判を覆すべく全てを刷新。今日的なソリューションのSUVとして登場し、この市場でのシェア回復の原動力となった。ちなみにMクラス、初代からの累計販売台数が120万台といえば、メルセデスの販売規模から推察するに、十分に主力車種の一角を占めているといえる。

そして3代目となる新型Mクラスの端正なスタイリングは、スタイリッシュなSUVを見慣れた目には淡泊という見方もできるだろうが、そうなった理由は乗り込めばわかる。
悪路走行前提のクルマにとって重要なのは、運転席にいて、路上の障害を一瞥(いちべつ)できる視認性や車両感覚の把握しやすさである。新しいMクラスはそれをおざなりにはしていない。さすがに「レンジローバー」や「ジープ・ラングラー」のようにはいかずとも、先代に対して若干だけ大きくなったその体格を苦にせず取り回せる形状や視界が練り込まれている。結果的にそれは、普段の使い勝手も約束してくれるというわけだ。


メルセデス・ベンツML350(4WD/7AT)【海外試乗記】の画像
【スペック】ML350 ブルーテック 4マチック:全長×全幅×全高=4804×1926×1796mm/ホイールベース=2915mm/車重=2175kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ・コモンレールディーゼルターボ(258hp/3600rpm、63.2kgm/1600-2400rpm)(欧州仕様車)
【スペック】ML350 ブルーテック 4マチック:全長×全幅×全高=4804×1926×1796mm/ホイールベース=2915mm/車重=2175kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ・コモンレールディーゼルターボ(258hp/3600rpm、63.2kgm/1600-2400rpm)(欧州仕様車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Mクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る