第229回:「ハズミ」と「デミオ」の関係は?
「マツダ跳(HAZUMI)」のチーフデザイナーにインタビュー

2014.03.14 エッセイ
ジュネーブショーで公開された「マツダ跳(HAZUMI)」。(写真=石井昌道)

ジュネーブショーで注目を浴びているマツダのコンセプトカー「跳(HAZUMI)」。次期「デミオ」の予告編と見られるこのクルマの造形のポイントを、チーフデザイナーの柳澤 亮氏に聞いた。

マツダ株式会社
デザイン本部
チーフデザイナー
柳澤 亮(やなぎさわ りょう)さん

<プロフィール>
1991年にマツダ入社。デザイン本部で「プレマシー」などさまざまな量産車のインテリアデザインを手がけた後、2007年にデザイン戦略スタジオ チーフデザイナーに。ピックアップトラック「BT-50」を担当した。2013年にコンセプトカー「マツダ跳」のチーフデザイナーに就任。1969年生まれ。(写真=石井昌道)

鋭く切れ上がったヘッドランプ。「獲物を狙う目つきを表現した」と柳澤氏。
マツダのデザインテーマ“魂動-Soul of Motion”を最初に体現したコンセプトカー「マツダ靭(SHINARI)」(2010年)。

チーターが飛びかかる瞬間を表現

――より小さなクルマで「魂動(こどう)デザイン」を表現するうえでテーマの修正はありましたか?

魂動デザインを立ち上げてから「CX-5」「アテンザ」「アクセラ」と市販車が生まれてきました。それに続く「跳(HAZUMI)」も生命がもつ美しさ、力強さ、ダイナミックな動きをクルマで表現していくというコンセプトやフィロソフィーの根底は変わることはありません。とはいえ魂動デザインも進化させていく必要がありますし、コンパクトなBカー(Bセグメントカー)での表現というのもチャレンジではありました。

――デザインに際し、より力を入れたところはどこでしょうか?

跳で魂動デザインとして進化させたのは表情づくりです。これまでは全身で生命感を表現してきましたが、今回はフロントエンドでの表現に力を入れました。最初のコンセプトカーの「靭(SHINARI)」やアテンザなどはチーターがテーマになっていましたが、跳では同じチーターでも、もっと若いチーターのイメージ。ヘッドランプは獲物を狙う目つきをしっかりと表現し、グリルからヘッドランプにつながるシグネチャーウイングはクロムのパーツを立体的で深い造形にするべくこだわりました。獲物をクッとにらんで今まさに飛びかかるぞっていうシャープな表情を表現できていると思います。

――同じ魂動デザインでも、靭と跳では表現のテーマが異なるのですね。

靭は全身での生命感や躍動感の表現が伸びやかでわかりやすいですよね。あれはチーターが全力疾走しているさまをイメージしてます。足が伸びきっているような前後の動きでハイスピードな印象を出していますけど、それをそのままBカーでやってしまったら、なんだかちょっとおかしなことになるわけです。いろいろと試行錯誤しましたが、跳では今から獲物に狙いを定めてグッとかがみ、筋肉に力をためてバッと飛びかかろうとする瞬間のイメージ。同じ魂動デザインでも表現の仕方が違うのです。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ