スバル、「BRZ」のSTIバージョンなどを出展【オートサロン2012】

2011.12.27 自動車ニュース

【オートサロン2012】スバル、「BRZ」のSTIバージョンなどを出展

富士重工業は、2012年1月13日に開幕する「東京オートサロン2012 with NAPAC」に、「BRZ STIコンセプト」や「インプレッサG4 STIコンセプト」などを出展する。

スバルブースには、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナルがチューニングした「BRZ STIコンセプト」や「インプレッサG4 STIコンセプト」などが参考出品される。

「BRZ STIコンセプト」は、水平対向エンジンを搭載するFRのスポーツカー「BRZ」(2012年春発表予定)をベースに、さまざまな専用パーツを装着することで、「走る楽しさを誰でも気軽に味わえる」ことを追求したモデル。具体的には、エンジンフードやルーフをカーボン製のものに換装して軽量化を図るとともに、STI製のエアロパーツ(フロントスポイラー、リアトランクスポイラー)やフレキシブルタワーバー、スポーツマフラー、18インチアルミホイール、ローダウンスプリング、ビルシュタイン製ダンパー、ブレンボ製ブレーキを採用。これらのチューニングにより、直線性やコーナリング性能、制動力などの向上が図られている。

一方、「インプレッサG4 STIコンセプト」は、「インプレッサG4 2.0i-S」をベースに、同モデルのスポーティーなイメージをさらに高めたモデル。装着パーツは、STI製のエアロパーツ(フロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リアトランクスポイラー、スカートリップ)をはじめ、スポーツマフラー、フレキシブルタワーバー、ローダウンスプリング、18インチアルミホイール、ステンメッシュブレーキホース、CVTシフトノブなど。これらによりSTIが提唱する「強靭(きょうじん)でしなやかな走り」が追求されている。

このほかスバルブースでは、「BRZブラックエディション by PROVA」や「インプレッサ スポーツカスタム」といったカスタマイズドモデルや、「インプレッサWRX STI」のレース仕様車などの出展も予定されている。

(webCG 曽宮)

スバルブースでは、ラリードライバー新井敏弘選手や、SUPER GT、ニュルブルクリンク24時間耐久レースのドライバー達によるトークショーも予定されている。
スバルブースでは、ラリードライバー新井敏弘選手や、SUPER GT、ニュルブルクリンク24時間耐久レースのドライバー達によるトークショーも予定されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
ホームへ戻る