スバル、「BRZ」のSTIバージョンなどを出展【オートサロン2012】

2011.12.27 自動車ニュース

【オートサロン2012】スバル、「BRZ」のSTIバージョンなどを出展

富士重工業は、2012年1月13日に開幕する「東京オートサロン2012 with NAPAC」に、「BRZ STIコンセプト」や「インプレッサG4 STIコンセプト」などを出展する。

スバルブースには、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナルがチューニングした「BRZ STIコンセプト」や「インプレッサG4 STIコンセプト」などが参考出品される。

「BRZ STIコンセプト」は、水平対向エンジンを搭載するFRのスポーツカー「BRZ」(2012年春発表予定)をベースに、さまざまな専用パーツを装着することで、「走る楽しさを誰でも気軽に味わえる」ことを追求したモデル。具体的には、エンジンフードやルーフをカーボン製のものに換装して軽量化を図るとともに、STI製のエアロパーツ(フロントスポイラー、リアトランクスポイラー)やフレキシブルタワーバー、スポーツマフラー、18インチアルミホイール、ローダウンスプリング、ビルシュタイン製ダンパー、ブレンボ製ブレーキを採用。これらのチューニングにより、直線性やコーナリング性能、制動力などの向上が図られている。

一方、「インプレッサG4 STIコンセプト」は、「インプレッサG4 2.0i-S」をベースに、同モデルのスポーティーなイメージをさらに高めたモデル。装着パーツは、STI製のエアロパーツ(フロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リアトランクスポイラー、スカートリップ)をはじめ、スポーツマフラー、フレキシブルタワーバー、ローダウンスプリング、18インチアルミホイール、ステンメッシュブレーキホース、CVTシフトノブなど。これらによりSTIが提唱する「強靭(きょうじん)でしなやかな走り」が追求されている。

このほかスバルブースでは、「BRZブラックエディション by PROVA」や「インプレッサ スポーツカスタム」といったカスタマイズドモデルや、「インプレッサWRX STI」のレース仕様車などの出展も予定されている。

(webCG 曽宮)

スバルブースでは、ラリードライバー新井敏弘選手や、SUPER GT、ニュルブルクリンク24時間耐久レースのドライバー達によるトークショーも予定されている。
スバルブースでは、ラリードライバー新井敏弘選手や、SUPER GT、ニュルブルクリンク24時間耐久レースのドライバー達によるトークショーも予定されている。

関連キーワード:
BRZスバル東京オートサロン2012イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
ホームへ戻る