スバル、「BRZ」のSTIバージョンなどを出展【オートサロン2012】

2011.12.27 自動車ニュース

【オートサロン2012】スバル、「BRZ」のSTIバージョンなどを出展

富士重工業は、2012年1月13日に開幕する「東京オートサロン2012 with NAPAC」に、「BRZ STIコンセプト」や「インプレッサG4 STIコンセプト」などを出展する。

スバルブースには、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナルがチューニングした「BRZ STIコンセプト」や「インプレッサG4 STIコンセプト」などが参考出品される。

「BRZ STIコンセプト」は、水平対向エンジンを搭載するFRのスポーツカー「BRZ」(2012年春発表予定)をベースに、さまざまな専用パーツを装着することで、「走る楽しさを誰でも気軽に味わえる」ことを追求したモデル。具体的には、エンジンフードやルーフをカーボン製のものに換装して軽量化を図るとともに、STI製のエアロパーツ(フロントスポイラー、リアトランクスポイラー)やフレキシブルタワーバー、スポーツマフラー、18インチアルミホイール、ローダウンスプリング、ビルシュタイン製ダンパー、ブレンボ製ブレーキを採用。これらのチューニングにより、直線性やコーナリング性能、制動力などの向上が図られている。

一方、「インプレッサG4 STIコンセプト」は、「インプレッサG4 2.0i-S」をベースに、同モデルのスポーティーなイメージをさらに高めたモデル。装着パーツは、STI製のエアロパーツ(フロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リアトランクスポイラー、スカートリップ)をはじめ、スポーツマフラー、フレキシブルタワーバー、ローダウンスプリング、18インチアルミホイール、ステンメッシュブレーキホース、CVTシフトノブなど。これらによりSTIが提唱する「強靭(きょうじん)でしなやかな走り」が追求されている。

このほかスバルブースでは、「BRZブラックエディション by PROVA」や「インプレッサ スポーツカスタム」といったカスタマイズドモデルや、「インプレッサWRX STI」のレース仕様車などの出展も予定されている。

(webCG 曽宮)

スバルブースでは、ラリードライバー新井敏弘選手や、SUPER GT、ニュルブルクリンク24時間耐久レースのドライバー達によるトークショーも予定されている。
スバルブースでは、ラリードライバー新井敏弘選手や、SUPER GT、ニュルブルクリンク24時間耐久レースのドライバー達によるトークショーも予定されている。
関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルBRZ tS(FR/6MT)【試乗記】 2015.6.30 試乗記 およそ2年ぶりに発売された、台数限定のチューンドカー「スバルBRZ tS」に試乗。「大人の感性にうったえたい」「同乗者にも楽しんでもらいたい」と開発陣も意気込む、その実力やいかに?
ホームへ戻る