第5回:見て、乗って、思わずため息
輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~

2014.03.13 JAIA輸入車試乗会2014

インポートカーのなかでも、文字通りに“ケタ違い”の存在であるお値段4ケタ万円の高級車たち。思わず嘆息してしまうようなその魅力を、ドイツ、イギリス、イタリアの計4台のプレミアムカーを通して紹介しよう。

スーパーなスーパーカー
アウディRS 6アバント……1520万円

世にいうスーパーカーは、スーパーなところが限られている。「目をむくような加速」や「異次元のコーナリング」を味わわせてくれる反面、2人しか乗れなかったり、荷物が積めなかったり、車高が低すぎて街中で気を使ったり。
悲しいかな、「あこがれのあの人は、いっしょにいるとストレスばかり……」なんてことになりかねない。

そんなネガを拭い去る“真のスーパーカー”こそ、「RS 6アバント」だ。なにせ、5人乗りである。しかもワゴンなのである。
たっぷり積めて、当たり前。後席だって、ひざの前にはこぶしが3個。「アウディドライブセレクト」で“ダイナミック”(一番ハードな走行モード)を選んでも、掛け心地は快適そのもの。これなら、安心してみんなをエスコートできる……0-100km/h=3.9秒の走りで!

それがどれほどのものかって? 同じ四駆で比べるなら、ポルシェの「911カレラ4」(4.5秒)はブッチぎり。「フェラーリ・フォー」(3.7秒)も、うかうかしてはいられない。なにも飛ばさなくてもいい。560psのワゴンというだけで、痛快なことこのうえない。
「日常でもフルに役立つ、スーパーなスーパーカー」。1500万円はお値打ちと思いますが、いかがでしょう? 

(文=webCG 関/写真=峰 昌宏)

アウディRS 6アバント
アウディRS 6アバント

第5回:見て、乗って、思わずため息輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~の画像

第5回:見て、乗って、思わずため息輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~の画像

第5回:見て、乗って、思わずため息輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記 740psという途方もないパワーを誇る「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」に試乗。この地をはうかのごときファイティングブルは、スーパーカーの中のスーパーカー! とたたえるにふさわしい存在感に満ちていた。
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • 第57回:激安エリート特急の大勝利(たぶん) 2017.9.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第57回は「激安エリート特急の大勝利(たぶん)」。海千山千の中古ドイツ車専門店で「BMW 320d」の購入を決めた筆者。不安を抱えつつ、ようやく迎えた納車日だったが……。気になるクルマの状態は?
ホームへ戻る