第232回:フルサイズEVで雪上を行く
「テスラ・モデルS」氷上湖試乗会に参加して

2014.04.02 エディターから一言
氷上試乗コースを行く「テスラ・モデルS」。
氷上試乗コースを行く「テスラ・モデルS」。

日本での納車開始を間近に控えた「テスラ・モデルS」。先日、長野県で開催された氷上試乗会では、安定したフットワークを披露。フルサイズの電気自動車(EV)が雪道でもスマートに走れることを証明した。併せて、東京―京都間450km無充電走行の模様もリポートする。

全長は4978mmと大柄。車重は2108kgに達する。
全長は4978mmと大柄。車重は2108kgに達する。
インストゥルメントパネルの中央には17インチのタッチスクリーンが備わる。ナビゲーション用地図の表示のほか、オーディオやエアコンの調整、あるいはライト、ドアロック、パノラミックルーフ、車高調整など車両各部の操作を行うことができる。
インストゥルメントパネルの中央には17インチのタッチスクリーンが備わる。ナビゲーション用地図の表示のほか、オーディオやエアコンの調整、あるいはライト、ドアロック、パノラミックルーフ、車高調整など車両各部の操作を行うことができる。
「モデルS」には、「60kWh仕様」「85kWh仕様」「85kWhパフォーマンス仕様」と3種類のバリエーションが用意され、バッテリー容量だけでなく、動力性能にも差が付けられている。今回の試乗車は、最も高性能な「85kWhパフォーマンス仕様」。
「モデルS」には、「60kWh仕様」「85kWh仕様」「85kWhパフォーマンス仕様」と3種類のバリエーションが用意され、バッテリー容量だけでなく、動力性能にも差が付けられている。今回の試乗車は、最も高性能な「85kWhパフォーマンス仕様」。

日本仕様の詳細が決まる

テスラ・モデルSで氷上を走った。モデルSとは、EV専門メーカーのテスラモーターズが開発した第2弾。フルサイズの5ドアハッチバックだ。富裕層を中心にアメリカでは大人気で、2013年には2万2477台を販売した。そして、今年2014年の目標は3万5000台と鼻息が荒い。

日本でもずいぶん前から予約が始まっていて、すでに多数の受注が入っているというが、価格をはじめ詳細が発表されたのはつい先日のことだ。

大きく分けて3モデルある。「60kWh仕様」は、最高出力302ps(225kW)/5000-8000rpm、最大トルク43.8kgm(430Nm)/0-5000rpmで、0-100km/h加速は6.2秒。航続距離は375km。最高速190km/h。823万円。「85kWh仕様」は、362ps(270kW)/6000-9500rpm、44.9kgm(440Nm)/0-5800rpm、0-100km/h加速:5.6秒。航続距離:502km。最高速:200km/h。933万円。「85kWhパフォーマンス仕様」は、416ps(310kW)/5000-8600rpm、61.2kgm(600Nm)/0-5100rpm、0-100km/h加速:4.4秒。航続距離:502km。最高速:210km/h。1081万8000円。(価格はすべて消費税8%を含む)

日本仕様にはCHAdeMO(チャデモ)規格用のアダプターが標準装備されるため、高速道路の充電ステーションなどでも急速充電することができる。また、自宅などで充電する場合、オプションのデュアルチャージャーを搭載すれば、100km走行分の充電を1時間で済ませることができる。デリバリー開始は2014年6月の予定。それにしても、公式サイトで仕様を選んで注文できるのがシリコンバレーの自動車メーカーっぽい。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る