ハーレーダビッドソン・トライグライド ウルトラ(MR/6MT)

“鉄馬流”のスポーツマインド 2014.03.20 試乗記 ハーレーダビッドソンの三輪モデル「トライグライド ウルトラ」に試乗。四輪車が忘れかけていた、骨太で濃密な“操る喜び”に触れた。

普通自動車免許で乗れる

なぜハーレーダビッドソンの試乗記が『webCG』に登場するのか。編集部員の自動二輪車運転免許保有率が高いから、ではなくて、写真でお分かりのとおり三輪、つまり「トライク」だからだ。あとで書く事情のおかげで、クルマの免許で乗れるハーレーなのである。

トライクはミニバンやSUVと同じように、新しいジャンルを作り出すのが得意なアメリカで誕生した。生みの親がハーレーで、1932年に荷物運搬用として登場したサービカー(Servi-car)がルーツとされる。三輪自動車というだけなら、1886年に作られたベンツ第1号車も該当するし、わが国のオート三輪だって1930年代から存在しているけれど「オートバイから発展した三輪」がハーレー起源ということなのだろう。

サービカーは1970年代に生産を終えた。ところがその少し前から、一部のユーザーがレジャーユースで愛用していた。ピックアップトラックを遊びグルマに使うのと似た感覚だ。その結果、コンバージョンメーカーが続々と登場した。そこでハーレーは再生産を決意。「トライグライド ウルトラ」という名前で、今度は乗用モデルをリリースしたという経緯らしい。

ハーレーダビッドソンといえば、アメリカが誇る押しも押されもしないバイクメーカーの老舗。その歴史は今年で111年を数える。

フロントカウルには、4つのメーター(左から燃料計、速度計、エンジン回転計、電圧計)と2つのスピーカーを装備。タッチパネル式のインフォテインメントシステムも備わっている。
フロント1輪、リア2輪の個性的なスタイリングが最大の特長。車庫入れなどを考慮して、電動のリバースシステムを装備している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。