第230回:700psの猛牛は雪にも強い
ランボルギーニの“Winter Driving Experience in Hokkaido”に参加して

2014.03.15 エッセイ
700psで雪上ドライビングレッスン! 期待と不安を胸に北海道へ。
700psで雪上ドライビングレッスン! 期待と不安を胸に北海道へ。

ランボルギーニから「アヴェンタドール」に乗りませんかというお誘いがあった。試乗の舞台はハイスピードサーキットか? 聞けばテストコース、しかも路面は雪と氷のウインターレッスンなのだという。700psで雪上って、いったいどんなことになってしまうのか。期待と不安を胸に、北海道は士別市を目指した。

赤、グレー、黄緑が雪上に映える。“教習車”はしめて1億2000万円超なり。
赤、グレー、黄緑が雪上に映える。“教習車”はしめて1億2000万円超なり。
レッスンは士別にある交通科学総合研究所のテストコースで開催された。
レッスンは士別にある交通科学総合研究所のテストコースで開催された。
レッスンは3台の「アヴェンタドール」それぞれに専属のインストラクター(黒い服の方々)がついた。右から森岡史雄先生、金子陽一先生、番場 彬先生。
レッスンは3台の「アヴェンタドール」それぞれに専属のインストラクター(黒い服の方々)がついた。右から森岡史雄先生、金子陽一先生、番場 彬先生。

第230回:700psの猛牛は雪にも強いランボルギーニの“Winter Driving Experience in Hokkaido”に参加しての画像

なんとぜいたくな……

ランボルギーニが主催する「ドライビングアカデミー」といえば、イタリアの本社が年に計5回程度、イタリアのイモラ、ヴァレルンガ、あるいは米カリフォルニアのラグナセカなどで開催する、夏のサーキットイベントが知られている。その裏イベント(?)ともいうべき、雪上を舞台にしたドライビングレッスンが始まったのは、実はそれほど昔のことではない。

ジュネーブショーの取材を終えた筆者が、日本に戻らずレンタカーでトリノの西方約100kmにあるスキーリゾート地・セストリエーレに向かったのは2006年3月のことだった。その目的は広場に特設された雪上コースで「ガヤルド」に乗るというものだったが、ランボルギーニのインストラクターの「ジェンターロ(筆者の名前)、ガス、ガス、ガス(踏め、踏め、踏め)……」という掛け声にせき立てられて、ドリフトさせっぱなしだったあのイベントのことは忘れようにも忘れられない。こりゃまた、すごいイベントもあるものだなあと思ったものである。

あのとき確か「雪上のドライビングレッスンは今回が初めてだよ」と聞いた記憶があるから、ウインターアカデミーは始まってから今年で8年目ということになるかと思う。

そんなドライビングレッスンがいよいよ日本にやってきた。舞台は北海道の中でも一段と寒さが厳しい士別市にあるテストコースで、試乗車はこともあろうに0-100km/hを2.9秒で駆け抜ける怒涛(どとう)のスーパースポーツカー「アヴェンタドール」である。テストに供された猛牛は3台。ということはお値段しめて1億2000万円超なり。“雪道教習”にしてはあまりに豪華で、緊張感の高い内容ではある。

この日の参加者は筆者を含めて6人。うち4人が日本から、2人が韓国からの参加で、全員が報道関係者だった。聞けば、その翌日は中国のプレスを招くとのこと。今回はメディア向け体験イベントの色合いが濃かったようである。
ちなみに本国のウインターアカデミーは基本的にランボルギーニのオーナーを対象にしており、その趣旨はオーナーたちに愛車の特性をより深く理解してもらい、同時に運転のスキルを高めてもらうことにあるとのことだった。

もっとも、車両の姿勢作りを徹底的に教えてくれるカリキュラムや、イベント全体を包むなごやかで紳士的な雰囲気は、かつて体験したセストリエーレの顧客向けウインターアカデミーに限りなく近い印象だった。ああ、そうだった、こんなイベントだったよねと、少し懐かしい気分になった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アヴェンタドールの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る