ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)/マカンS(4WD/7AT)

大ヒット間違いなし 2014.03.18 試乗記 日本にも導入されるポルシェの新型SUV「マカン」とは、一体どんなクルマなのか? 他車とはどのような違いがあるのか? 仕様の異なる2つのモデルを、ドイツ本国で試した。

戦略的なニューモデル

ポルシェが、世界にあまたある自動車メーカーの中でも“屈指の技術者集団”であるという点に、もちろん異論はない。
そもそもそうでなければ、誰もが一度はひらめき、しかし諦めていったRRというレイアウトをただひとり手なずけ、誕生から半世紀が経過した今なお、「911」を第一級のスポーツカーとして世界に認めさせることなど、到底不可能であったに違いない。

一方で、同社が“マーケティング能力にたけたメーカー”であるという思いが日に日に強まっているのも事実だ。
2013年の世界販売台数は16万台を超え、「2018年には20万台超」という目標も前倒しでの実現が確実――かような絶好調が報じられるポルシェの現況は、1990年代初頭に年産1万5000台を割り込み、「周辺メーカーが救済に乗り出すのでは?」とまことしやかにささやかれるほどの窮地に陥った過去を、すっかり忘れさせる。

そんな”奇跡の復活”を遂げる原動力となったのが、文字通り社運を懸けて開発された「ボクスター」であり、「カイエン」であるのはよく知られたハナシ。特に、巨額の利益をもたらす“稼ぎ頭”となったカイエンが、「アメリカでポルシェ車を所有する人の多くは、大型SUVを同時所有している事実がある」というマーケティングに基づいて開発されたというのは、至極納得のできるシナリオでもあるわけだ。

911、ボクスター/ケイマン、カイエン、そして「パナメーラ」に続く“第5のレンジ”としてリリースされた「マカン」も、やはりそんなマーケティング主導型のモデルであるのは明白。ポルシェのSUVには憧れつつも、8気筒エンジン搭載を前提に開発されたカイエンを「この時代にはあまりにも重厚長大に過ぎる」と考える人々が世界に数多く存在するであろうことは、今や誰の目にも明らかだろう。

試乗の舞台となったポルシェのライプチヒ工場に並んだ、新型SUV「マカン」。
試乗の舞台となったポルシェのライプチヒ工場に並んだ、新型SUV「マカン」。
シンプルな面で構成されるリアエンド中央には、モデル名を示すエンブレムが添えられる。このカットでは、特徴的なリアコンビランプ(写真右端)の形もよくわかる。
シンプルな面で構成されるリアエンド中央には、モデル名を示すエンブレムが添えられる。このカットでは、特徴的なリアコンビランプ(写真右端)の形もよくわかる。
インテリアの様子。「マカン」には、昨今のポルシェ車に見られるスロープ状のセンターコンソールが与えられる。
インテリアの様子。「マカン」には、昨今のポルシェ車に見られるスロープ状のセンターコンソールが与えられる。
2013年11月末のロサンゼルスオートショーでデビューした「ポルシェ・マカン」。日本では2014年2月に受注が始まっており、同年内のデリバリー開始が見込まれている。
2013年11月末のロサンゼルスオートショーでデビューした「ポルシェ・マカン」。日本では2014年2月に受注が始まっており、同年内のデリバリー開始が見込まれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マカンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る