「水野和敏的視点」 vol.40 「ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー カップ」

2014.03.14 mobileCG
 
「水野和敏的視点」 vol.40 「ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー カップ」の画像

「水野和敏的視点」 vol.40 「ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー カップ」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回はフランスを代表するホットハッチ「ルノー・ルーテシア ルノースポール」に試乗する。最新の“フレンチロケット”はミスターGT-Rの目にどう映るのだろうか。

 
「水野和敏的視点」 vol.40 「ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー カップ」の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.40 「ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー カップ」の画像
ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー カップ ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4105×1750×1435mm/ホイールベース:2600mm/車重:1280kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:200ps/6000rpm/最大トルク:24.5kgm/1750rpm/タイヤ:(前)205/40R18 (後)205/40R18/価格:309万円(消費税5%込み)
ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー カップ ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4105×1750×1435mm/ホイールベース:2600mm/車重:1280kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:200ps/6000rpm/最大トルク:24.5kgm/1750rpm/タイヤ:(前)205/40R18 (後)205/40R18/価格:309万円(消費税5%込み)

■確かに楽しげなインテリアだが……

前回「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」を取り上げた「水野和敏的視点」。今回は、ホットハッチのフレンチ解釈というべき、「ルーテシア ルノースポール シャシー カップ」に乗ってみます。車両本体価格は309万円。単純比較で、ゴルフGTIより60万円安い値付けとなっています。

ルノーの最量販モデル「ルーテシア(本国名:クリオ)」。日本では、1.2リッターターボ(120ps、19.4kgm)のルーテシアと、1.6リッターターボ(200ps、24.5kgm)を積む「ルーテシア ルノースポール」に大別されます。本国では、3ペダル式のMTモデルも用意されますが、わが国に輸入されるのは、いずれもデュアルクラッチ式の2ペダル式6段MT「EDC」のみ。時代を感じさせます。

ルーテシア ルノースポールには、足まわりのチューンに違いを持たせた、「シャシー スポール」と「シャシー カップ」がラインナップされます。今日のテスト車は、よりハードな足まわりを持つ「シャシー カップ」。ただでさえ強化されたサスペンションが、さらに2割方ハードにセッティングされています。もちろん、ブレーキにも、大径ディスクがおごられます。

さて、ルノースポール シャシー カップの運転席に座ると、このシート、素晴らしいですね。まるで体が吸い込まれるようなフィット感があります! 一方、インストゥルメントパネルに目を向けると、ちょっと理解しかねる光景が広がっています。テカテカのピアノブラックを、どうしてセンターの広い場所に使うのでしょうか?(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹、ルノー)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 「ルノー・カングー」に60台の限定モデル登場 2017.6.8 自動車ニュース ルノー・ジャポンが「ルノー・カングー」の特別仕様車「オーセンティック 6MT」を発売。1.2リッターターボエンジンを搭載した「アクティフ(6MT)」をベースに、人気のオプションであるクラシックアロイホイールとマルチルーフレールを標準装備している。
ホームへ戻る