日産スカイライン350GT ハイブリッド Type P(FR/7AT)

新しい“ファン・トゥ・ドライブ” 2014.03.19 試乗記 ハイブリッド車となって登場した、13代目「スカイライン」。日本のセダンのビッグネームは、どのような進化を遂げたのか? 最も人気の高いグレードで、その仕上がりを確かめた。

ハイブリッドでライバル迎撃

新型スカイラインが2014年2月26日に発売された。発表は昨年の11月11日で、東京モーターショーにも出品された。そもそもこの第13代スカイラインは、「インフィニティQ50」の国内版だから、アメリカでは昨年8月から販売されている。

最近こういう、まだ買えないクルマが独り歩きしている、みたいな例が多くてややこしい。「スバル・レヴォーグ」なんか、発売は今春と言われながら、半年も前からメディアのなかでは走っている感じだ。気をもたせ過ぎて、買えるときにはみんな飽きてる、なんてことがないといいのだが。ちなみに、スカイラインの発売日時点での受注台数は約4200台だという。

新型スカイライン最大のニュースは、品ぞろえが3.5リッターハイブリッドのみになったことである。年間2万台といわれるLクラスセダン市場で、強敵の輸入車に対抗するにはハイブリッドしかないという、「カムリ」や「アコード」と同じ国内政策だ。ただし、スカイラインの場合、ガソリン車である従来のV36シリーズも一部継続販売される。

新型は「世界最速のハイブリッド」をうたう。けれども、大磯で開かれた試乗会で最初に用意されていたのは、特設のハンドリングコースだった。

7年ぶりのフルモデルチェンジで13代目となった「日産スカイライン」。新型では、これまでの“スポーティー”に加えて、“プレミアム”なキャラクターが強くアピールされる。
7年ぶりのフルモデルチェンジで13代目となった「日産スカイライン」。新型では、これまでの“スポーティー”に加えて、“プレミアム”なキャラクターが強くアピールされる。
「凛(りん)とした躍動感」を表現したというエクステリアは、フロントからサイド、リアに至るまで、起伏に富んでいる。
「凛(りん)とした躍動感」を表現したというエクステリアは、フロントからサイド、リアに至るまで、起伏に富んでいる。
新型「スカイライン」の日本における取り扱いは、発売時点ではハイブリッド車に限られる。なお、海外の市場では、ガソリン車もラインナップされる。
新型「スカイライン」の日本における取り扱いは、発売時点ではハイブリッド車に限られる。なお、海外の市場では、ガソリン車もラインナップされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る