第71回:アイスランドで旧ソ連のクルマが大活躍!
『LIFE!』

2014.03.18 エッセイ

戦前型シボレーが登場した1947年版

ベン・スティラーの作品である。製作・監督・主演を彼が務める。1947年に作られた作品のリメイクだ。原作の小説はジェームズ・サーバーによるもので、1939年に発表されている。ならばノスタルジックな匂いのする映画なのかといえば、まったくそんなことはない。ハリウッドきっての知性派が、見事に現代の寓話(ぐうわ)としてよみがえらせた。

小説と1947年版映画の日本語タイトルは『虹を掴む男』だったが、原題は『The Secret Life of Walter Mitty』である。今回も同じタイトルが使われている。邦題が『LIFE!』となったのは、著名なグラフ誌『LIFE』の編集部が舞台になっているからだ。主人公のウォルター・ミティはネガ管理室に勤務しているが、経営悪化により休刊が決まり、リストラ対象になってしまう。この映画の時代背景は、『LIFE』が歴史を終えた2007年ということになるだろう。

街を走るクルマから時代を特定できればいいのだが、主人公のウォルターが編集部のあるニューヨークでクルマを運転するシーンはない。彼は125ストリートからタイムライフビルまで、電車で通勤しているのだ。1947年版では、ウォルターは戦前型のシボレーで駅まで乗り付けていた。70年近く前のことだから、ニューヨークの交通事情もずいぶん違っていたのだ。

変わっていないのは、ウォルターの空想癖だ。彼は中二病を克服できないまま大人になってしまったようで、頭の中ではいつも無敵のヒーローである。この日も、電車を待つ間に電話をかけていて、しばらくの間フリーズしてしまう。そばにあるビルが爆発し、中から小さな犬を助けだすという白昼夢を見ていたのだ。

(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

第71回:アイスランドで旧ソ連のクルマが大活躍!『LIFE!』の画像

第71回:アイスランドで旧ソ連のクルマが大活躍!『LIFE!』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。