開幕戦オーストラリアGP決勝結果【F1 2014 速報】

2014.03.16 自動車ニュース

【F1 2014 速報】開幕戦オーストラリアGP、メルセデス&ロズベルグが独走V

F1世界選手権の開幕戦オーストラリアGP決勝が、2014年3月16日、メルボルンにあるアルバートパーク・サーキット(5.303 km)を57周して行われた。

1988年を最後に禁止されていたターボエンジンが復活するなどレギュレーションが大きく変更され、グリッドに並ぶマシンやドライバーの勢力図がリセットされた2014年シーズン。不確定要素満載の1年は、チャンピオン最有力チームと目されるメルセデスのニコ・ロズベルグの独走で幕を開けた。3番グリッドから好スタートを決め首位を奪うと、セーフティーカーランを挟んでもその速さを失うことなく、後続に25秒近い差をつけ自身通算4勝目を飾った。

2位にはレッドブル・ルノーの1台が入ったが、昨季4連覇を達成した王者セバスチャン・ベッテルではなく、今年移籍してきたばかりのオーストラリア人、ダニエル・リカルドの方。予選2位から母国ファンの前で力走し、自身初の表彰台に上った。

3位はマクラーレン・メルセデスのルーキー、ケビン・マグヌッセン。デビュー戦で新人らしからぬ落ち着いた走りを披露し、レース終盤には2位リカルドの背後にまで迫った。

ベテランのジェンソン・バトンが10番グリッドから4位でゴール。最悪の昨シーズンから一転、マクラーレンは初戦で3-4位と今後に期待の持てる結果を残した。
今年こそタイトル獲得をと意気込むフェラーリのフェルナンド・アロンソは、予選と同順位の5位。メルセデスやマクラーレンからは一歩出遅れた感のあるスクーデリアは、古巣に戻ったキミ・ライコネンが8位でフィニッシュし、ダブル入賞は果たせた。

冬のテストから好調だったウィリアムズ・メルセデスは、バルテリ・ボッタスが15番グリッドからオーバーテイクを繰り返し、6位でチェッカードフラッグ。フォースインディア・メルセデスのニコ・ヒュルケンベルグが7番グリッドから7位完走、トロロッソ・ルノーのジャン=エリック・ベルニュは6番手スタートから9位でレースを終えた。そしてトロロッソのルーキー、ダニール・クビアトが10位入賞を果たし、ベッテルの持つ最年少入賞記録を塗り替えた。

以下、11位セルジオ・ペレス(フォースインディア・メルセデス)、12位エイドリアン・スーティル(フォースインディア)、13位エステバン・グティエレス(ザウバー・フェラーリ)、14位マックス・チルトン(マルシャ・フェラーリ)が完走した。

チャンピオンナンバーをつけるベッテルは予選Q2敗退、レースでもマシン不調で早々に戦列を去った。またポールシッターのルイス・ハミルトンもトラブルでマシンを降りた。
今季ケータハム・ルノーからF1に復帰した小林可夢偉はスタート直後にクラッシュしリタイアに終わった。

【情報更新】
レース後、2位でゴールしたリカルドのマシンにレギュレーション違反が発覚。今年から採用された「燃料流入量100kg/h規制」に抵触したことでレース失格が言い渡された。これにより順位は、3位マグヌッセン以下が繰り上がることとなった。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。