第231回:低燃費プラスαがポイント ブリヂストンの最新エコタイヤ2種を試す

2014.03.18 エッセイ

ブリヂストンから車種別専用低燃費タイヤ「エコピアEX20シリーズ」とSUV用低燃費タイヤ「デューラーH/L 850」が登場。最新のエコタイヤは、どのように進化したのか? 同社テストコースで開かれた試乗会の模様をリポートする。

「エコピア」ブランドの新商品「EX20シリーズ」は、優れたウエット性能とロングライフ性能をセリングポイントとする車種別専用設計の低燃費タイヤ。
セダン・クーペ専用の「EX20」を、高速周回路で試す。
ミニバン専用タイヤ「EX20RV」は「セレナ」でテスト。

低燃費タイヤの最新モデル

フランスのミシュランと世界のタイヤブランドの覇権を争うブリヂストンから、「雨に強く、長持ちする車種別専用低燃費」と「高い静粛性と優れたSUV用低燃費」をうたい文句とする、2タイプの最新タイヤがローンチされた。

そんな新商品のテストに出向いたのは ブリヂストンが世界8カ国・10カ所に所有するテストコースの中にあっても、主に冬季試験が行われる北海道プルービンググラウンドと共に実車テストの中枢となっている、その名もズバリ「ブリヂストンプルービンググラウンド」だ。

1977年に栃木県那須塩原市に竣工(しゅんこう)された、1周3.9kmの高速周回路をメインとする施設内でまず試したのは、“エコロジー”と“ユートピア”という2つの単語に由来して命名された「エコピア」を名乗る乗用車用低燃費タイヤに追加設定された「EX20シリーズ」。
製品名からも、それが“エコスタンダードタイヤ”としてこれまで販売されてきた「EX10」の、実質的な後継モデルであるのは明らかである。そして、そんなEX10に対するさらなるアドバンテージとして主にアピールされるのが、ウエットグリップ性能の向上、耐摩耗性能の向上という2つのポイントだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ